HOMEメンズファッション 水や汚れに強い!身体と地球に優しい強力撥水のデニム&チノパンツ、「Makuake」にて先行予約受付中

水や汚れに強い!身体と地球に優しい強力撥水のデニム&チノパンツ、「Makuake」にて先行予約受付中

鈴木京

2020/12/21(最終更新日:2020/12/21)


このエントリーをはてなブックマークに追加

在宅ワークが広がり、自宅で過ごす時間が増え、以前よりも料理や掃除といった家事への時間が増加したという人もいるかもしれない。そうなると気がかりなのが、衣服の濡れや汚れではないだろうか。

株式会社ワンオーは12月18日(金)より、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、強力撥水のデニム&チノパンツの先行予約を受付中だ。

同シリーズは、身体と地球に優しい「デニムパンツ」「チノパンツ(ベージュ)」「チノパンツ(カーキ)」「チノパンツ(ブラック)」の4種類展開。

アウトドアシーン向けの重厚で本格的な防水パンツとは違い、日常使いにぴったりの気軽に履けるパンツ。雪や雨も防ぐので、冬シーズンにも活躍しそうだ。

フッ素フリー加工で身体に優しい

デニムのスペシャリストである同社スタッフが、今までの企画力や技術のすべてを出し切って製作に至ったという。

ファッションPR会社「One O(ワンオー)」のプロジェクト「EQUALAND(イコーランド)」による同商品は、環境に配慮し、フッ素フリー加工の技術を採用。

同社によると、一般的に撥水加工は「フッ素」を用いるものの、うっかり吸い込むと、肺に入って深刻な健康被害を引き起こすやっかいな素材でもあるという。
 
そこで、同社では日本国内で開発された技術で、極力身体に影響のない環境配慮型の"フッ素フリー”加工を製品に施し、「強撥水」のパンツを実現した。

この撥水技術は多くの有名ブランドでも使われているもので、製品に仕立ててから加工をかけることで、縫製部分から水が入ることはないとのこと。

アパレル業界が抱える社会問題に貢献

また、同社によると、日本だけでも1年間で約15億点のアパレル品が廃棄されるなど、「アパレル製品の余剰在庫」はファッション業界が抱える大きな課題のひとつ。

同様の課題として、製品になる前の「生地」や「糸」として世界中に眠っている「余剰在庫素材」の問題もあるという。

ラグジュアリーブランドが残した世界中の工場に眠る「素材の余剰在庫」をアップサイクルし、「EQUALAND」のパンツに使用することで、同社では社会問題の解決にも取り組んでいる。

サイズはS・M・L・XL。デニムパンツのカラーはインディゴのみ、チノパンツはベージュ・カーキ・ブラックのカラー展開。

詳細については、同社プレスリリースを参照。環境意識の高いビジネスパーソンなどは、日々の生活のなかに取り入れてみてはいかがだろうか。

出典元:Makuake/世界の工場に眠る、高品質な余剰在庫から作った「強力撥水」のデニム&チノパンツ!

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード