HOMEメンズファッション 体と環境に優しいブランド「WA.CLOTH ESSENTIAL」登場、天然素材“紙糸”をメインに採用

体と環境に優しいブランド「WA.CLOTH ESSENTIAL」登場、天然素材“紙糸”をメインに採用

長澤まき

2020/12/08(最終更新日:2020/12/08)


このエントリーをはてなブックマークに追加

環境問題に世界的な注目が集まっている現代。身に付けるファッションアイテムも、できるだけ環境負荷の少ないものを選びたいと考えているビジネスパーソンも多いのではないだろうか。

三井物産アイ・ファッション株式会社は、“紙糸”を使用した体と環境に優しいブランド「WA.CLOTH ESSENTIAL(ワクロス エッセンシャル)」の販売を12月7日(月)より自社ECサイト上にて順次開始している。

これまで、素材として多くのブランドが使用した「WA.CLOTH(R)HYBRID」の実績をもとに、着る人を選ばない普遍的なアイテムを届ける。

体と環境に優しい繊維を使用

「WA.CLOTH(ワクロス)」は、天然のフィラメントファイバー、紙糸から作られた、体と環境に優しい繊維。紙糸の原料になっている植物であるアバカは、3年程度で成育する環境負荷の少ない植物として知られている。

優れた吸放湿性と独特の肌離れ性でベトつきやムレを軽減してくれるだけでなく、糸の中の空気の層により、夏は涼しく冬は暖かく過ごせるそう。

また、紙糸は同じ太さのコットン糸と比べ3分の1の重さしかないため、軽量。さらに自然の抗菌防臭性を持ち、紫外線も防いでくれるため、シーズンを問わず快適に過ごせる素材だという。

紙からできているが、一般的な洗濯などで溶けることはないそうだ。

究極のベーシックを理想としたプロダクト

「WA.CLOTH ESSENTIAL」は、糸の製造・生地作り・縫製に至るまで国内有数の匠たちと共にこだわり尽くした生粋のジャパンメイドコレクション。

天然素材の紙糸をメインとして採用しつつ、着心地の快適さを優先するために撚りや一緒に編む糸の細さまで、手間ひまを惜しまず丁寧に作り上げた。

余分なものを極限まで削ぎ落としたクリーンなデザインは、体にやさしく吸放湿性にも優れた天然由来の機能を活かすための必然。ミニマルでありながら、どこかに“モダン”や“粋”を感じさせるフィットやシルエットが散りばめられている。

クローゼットを開いた時に、不思議と手に取ってしまうような魅力を内包した、究極のベーシックを理想に作り上げたプロダクトだ。

靴下・デニムから予約販売開始

まずは、靴下とデニムの予約販売を開始。靴下は12月15日(火)頃の発送を予定、デニムは1月下旬の発送を予定している。

今後、パーカー・スウェット・カットソーの予約販売も順次開始する。

体と環境に優しいファッションアイテムは、環境問題への意識が高いビジネスパーソンのライフスタイルにマッチしそうだ。

出典元:WA.CLOTH/PROFILE
出典元:WA.CLOTH/WEB STORE

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード