HOMEメンズファッション 長引く在宅勤務により腰の負担に悩む人に…男性用パンツ「整体パンツNEW ZERO」が発売

長引く在宅勤務により腰の負担に悩む人に…男性用パンツ「整体パンツNEW ZERO」が発売

鈴木京

2020/12/03(最終更新日:2020/12/03)


このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナ禍で一気に広がった在宅ワーク。これからも在宅ワークが続きそうだという人も少なくないのでは。家にこもって仕事をしていたら、気が付くと何時間も椅子に座りっぱなしだった……なんていうことも。肩や首、腰の凝りや痛みに悩んでいる人も多いだろう。

株式会社ボディスプラウトは、“男性用”の骨盤ケアインナー「整体パンツ NEW ZERO」を12月1日(火)より販売開始。「在宅勤務で腰を痛めてしまった」「勤務時の姿勢を正したい」といった人に向けた骨盤矯正インナーだ。

在宅勤務で腰痛などに悩む人が増加

同社によると、新型コロナウィルス感染拡大を受けて、在宅勤務をする人々が増え、自宅のリビングテーブルや床座りなどの慣れない姿勢での業務が増加。2020年3月に実施したピップ株式会社の緊急調査結果では、肩こりや腰痛の深刻化を訴える人は7割を超え、その要因のひとつが「姿勢」であるという。

「整体パンツ NEW ZERO」開発者の小林篤史氏は、「猫背矯正の専門家」として、これまで2万人以上の猫背矯正と、腰痛などの症状緩和に携わってきた。

2019年6月に日本初の男性用骨盤矯正パンツとして「整体パンツ ZERO」を発売。前開きタイプの追加と、長さや通気性などの着やすさをさらに改良したものが、このたび発売した「整体パンツ NEW ZERO」だ。

腰への負担を減らす

「整体パンツ NEW ZERO」のコンセプトは、「はくだけでストレスZEROを目指す」。「はく骨盤ベルト」となるV字の引き締めネットを使用して、「骨盤を立てる」ことにより、はくだけで正しい姿勢に導く。それにより、腰回りの 筋肉に余計な負荷がかからず、腰への負担感の効果が期待できるという。

ムレにくい生地で、コルセットのようなキツい締め付けもなく、下着として24時間着用が可能。在宅勤務などのデスクワークや立ち仕事時などで、骨盤の位置を補正し、姿勢を安定させることができる。

見た目もかっこよく!

また、「骨盤パンツはダサい」というイメージを覆すため、“「見せパン」にできるカッコよさ”を追求し、ズレにくく、見栄えもカッコいいパンツを目指している。

「整体パンツ NEW ZERO」のカラーはブラックで、価格は6900円(税抜)。

購入先など詳細については、同社プレスリリースを参照。

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード