HOMEメンズファッション 現代社会で活躍するビジネスパーソンへ、TOKYO BASEのスーツライン「BESPOKE TOKYO」登場

現代社会で活躍するビジネスパーソンへ、TOKYO BASEのスーツライン「BESPOKE TOKYO」登場

長澤まき

2020/10/12(最終更新日:2020/10/12)


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社TOKYO BASEは10月9日(金)、スーツに特化したメンズブランド「BESPOKE TOKYO(ビスポークトウキョウ)」の始動を発表した。

コンセプトは、現代社会というフィールドで活躍する“都市型アスリート=ビジネスパーソン”に向けた次世代ユニフォームライン。

日本製に徹底的にこだわった、都市型ビジネスマンに向けた本格スーツラインを展開し、固定化されたスーツ概念からの解放を目指す。

バッグ不要の都市型ジャケット

ファーストルックは、プロランナーの大迫傑選手を迎えてコレクションレビュー。

ジャケットは、従来のテーラードには使用しないウレタン樹脂を内側PKTに採用。左内側ポケットには、デバイスを収納しながらバッテリーにアクセスできる「RECOVERY POCKET」を搭載。右内側には、iPadや長財布が収納出来るポケットを採用し、バッグ不要の都市型ジャケットに仕上げた。

更にボタンや内側をライトアップさせると、随所にリフレクター加工がチラ付く、男心をくすぐるアイテムとなっている。

毛芯仕立ての最高級モデルも

最上級モデルは、日本中でも数カ所しか出来ない”毛芯仕立て”のスペシャルアイテム。丁寧に織られたウールSuper’s110と厳選されたシルクの織りなす高級感は見るものを魅了するという。

男性特有の立体的な胸周りのフォルム、上襟から前端に繋がる美しい流線形のラペルなど、ひときわ存在感が伝わるアイテムだ。

東京・大阪に店舗

店舗は、セレクトショップ「STUDIOUS」のメンズ新宿店・メンズ大阪店の一角に構えた。内装はブランドキーカラーのミッドナイトブルーに統一し、アスリートのロッカールームを彷彿とさせるデザインに仕上げている。

ノベルティにはオリジナルのマスクとモバイルバッテリーを用意。現代社会で生活する上で、よりパフォーマンスを向上させることができるガジェットとなっている。

同ブランドのアイテムは、STUDIOUS ONLINE STOREでも購入することができる。

詳細は同社プレスリリースを参照。ベーシックなデザインの中に、品質と機能性を兼ね備えたアイテムは、都会で生きるビジネスパーソンの生活にマッチしそうだ。

出典元:STUDIOUS/BESPOKE TOKYO

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード