HOMEメンズファッション 履き心地×時代に沿ったデザイン、紳士靴ブランド「YAMACHO MADE」より2020年秋冬新作が登場

履き心地×時代に沿ったデザイン、紳士靴ブランド「YAMACHO MADE」より2020年秋冬新作が登場

長澤まき

2020/10/06(最終更新日:2020/10/06)


このエントリーをはてなブックマークに追加

三陽商会の紳士靴ブランド三陽山長は、より時代に沿ったデザイン・製法・価格を追求した新レーベル「YAMACHO MADE」の2020年秋冬の新作を10月9日(金)より、直営店4店舗と公式オンラインストア「SANYO iStore」にて順次販売する。

人気の型に新色を加え、さらに新型1型を追加。

履き心地の良さを実現した機能性と時代に沿ったデザインを併せ持つレザーシューズで、次世代へ向けたネクストスタンダードを提案する。

本物と遊び心を追求する大人へ

「YAMACHO MADE」は、ファッションに本物と遊び心を追求する大人に向けて、2020年春夏シーズンより展開を開始した新レーベル。時代に沿った様々なデザインを、三陽山長のフィルターを通して提案する。

同ブランドの商品は、ソールやラスト(木型)で、幅広い路面環境に適応し、歩行ストレスを軽減することを目的に設計していることが特徴。

ソールには、都市環境の様々な路面状況を想定してヴィブラム社と共同開発したソール「SUPER STUD」などを、ヒール部分には摩耗に強くグリップ性に優れた「VIBRAM DURATREK」を採用。ラスト(木型)は、日本人の平均寸法に合わせてオリジナルで開発した。

2020年秋冬、新色・新型が追加

2020年秋冬新作は人気の柄に新色を追加。さらに新型1型が新登場する。

SUPER STUDソール

ソール“SUPER STUD”を採用した 「SERVICEMAN/サービスマン」と「MOCCASIN SHOES/モカシンシューズ」に新色ブラウンを追加し、10月9日(金)に発売。

サービスマンは、機能性とフォーマルさを兼ね備えた実用的なシューズだ。

モカシンシューズは、スーツなどのフォーマルな装いに合うように極力主張を抑え、ラストの特徴や素材・仕立ての良さが映える靴を目指している。

Vibram MORFLEXソール

アッパーに油分を含んだオイルレザーを使用し、ソールにはVibram社製MORFLEXを採用した「LOAFER/ローファー」に新色ブラウンを追加し、10月16日(金)に発売。

新型として、丸みを帯びたフォルムとボリュームのあるフラットなソールが特長のシンプルなデザインの「CHUKKA/チャッカ」を同日に発売する。

カジュアルすぎず様々なシーンで活躍する、カジュアルダウンした現代的なスタイリングに最適なアイテムだ。

また、昨年秋冬シーズンに完売した同社レーベル「EX-LINE」の「WALDEN(ウォールデン)」を10月9日(金)より再版する。

サイズや価格などの詳細は同社プレスリリースを参照。時代に沿ったデザインと履き心地を兼ね備えたシューズを、秋冬のビジネスシーンやライフスタイルに取り入れてみてはいかがだろうか。

出典元:三陽山長/YAMACHO MADE

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード