HOMEメンズファッション 旅でも仕事でも活躍する新アイテム、圧縮バッグがショルダーバッグになる「PackBag」が登場

旅でも仕事でも活躍する新アイテム、圧縮バッグがショルダーバッグになる「PackBag」が登場

川田千尋

2020/09/30(最終更新日:2020/09/30)


このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルマーケティング支援などを行う株式会社シンクロは9月28日(月)、Makuakeにて、旅でも仕事でも活躍する旅アイテム「PackBag」のクラウドファンディングをスタートした。

圧縮バッグ×ショルダーバッグ

同商品は、荷物を詰める際に活躍する圧縮バッグでありながら旅先ではショルダーバッグとして持ち歩くことができる。

圧縮専用ファスナーを閉めるだけで50%以下の大きさに圧縮でき、数日分の服であればビジネスバッグにも入るサイズにまとめることができる。2層構造で、片側はファスナーまで防水加工を施し、濡れたタオルや水着を入れてもバッグが汚れないようになっている。

また、高級生地CORDURA Ultlalight(コーデュラ ウルトラライト)×シリコンコーティングを採用しているため、丈夫で軽いという特徴も。

貴重品やパスポートなどが入り、旅先の街歩きに使いやすいSサイズと、13インチのパソコンやペットボトルが入るLサイズを用意。目的に合わせて使い分けられそうだ。

【商品概要】

Sサイズ:大きさ24.5cm×18cm/重量(ストラップ含まず)141g/容量5L

Lサイズ:大きさ36cm×25.5cm/重量(ストラップ含まず)192g/容量10L

※販売価格等の詳細はプレスリリースを参照。

旅と仕事をシームレスに

この商品の開発は、同社社長である西井氏の「仕事も旅もどっちもいける良い商品がなかなかない」という一言から始まったという。

旅と仕事の行き来をシームレスにする商品の開発にあたり、中でも多かったニーズは「荷物をコンパクトにしたい」ということだったそうだ。荷物がコンパクトになれば旅を全力で楽しむことができる。

ワーケーションも新しい働き方として広がりはじめ、これから旅行などを考える人も多いだろう。

荷物をコンパクトにまとめられ、出先でショルダーバックのように使えるPackBagがあれば、退勤後にそのまま旅に出ることもできそうだ。

同社が提案する「本気で働き、旅するライフスタイル」に共感した人はチェックしてみてはいかがだろうか。

出典元:旅のプロ完全監修!荷物の圧縮機能とショルダーバッグを兼ね備えた「PackBag」

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード