HOMEメンズファッション キャッシュレス時代の新財布「フラグメントケース」HMAENより登場、使い勝手を計算しつくしたデザイン

キャッシュレス時代の新財布「フラグメントケース」HMAENより登場、使い勝手を計算しつくしたデザイン

長澤まき

2020/09/10(最終更新日:2020/09/10)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ECサイトの藤巻百貨店は9月4日(金)、「【HMAEN】フルレザーフラグメントケース MINNIE」のWeb販売を開始した。

キャッシュレス新時代を象徴する、使い勝手を計算しつくした新しい財布だ。

カードや小銭をコンパクトに持ち歩く

数々の名だたるバッグブランドを成功に導いてきたバッグデザイナー・大友成さんが2013年に立ち上げたブランド「HMAEN(アエナ)」より、スリムなのに使い勝手の良いフラグメントケースが登場。

フラグメントケースとは、破片・断片を意味する英単語“フラグメント”の名の通り、外側に複数のカードスロットを備え、カードや小銭などをコンパクトに持ち歩くことができるアイテム。

キャッシュレス決済の普及に伴って一流メゾンやハイブランドがこぞって発表し、「ミニ財布よりさらにスマート」と昨今注目を浴びているという。

軽量&薄型でスタイルを崩さない

同商品は、重量70グラムと軽量。

また、極薄なので、スーツの胸ポケットのみならず、スリムなパンツのヒップポケットにもすっぽり入る。手ぶらでの外出にもぴったりだ。

使用時の動作を計算してデザイン

小銭入れと、4つのカードポケット、1つのフリーポケットを備えている。

カードの出し入れやコインケースのファスナー開閉時に、利き手とは逆の手の指で自然とつまめる持ち手代わりの“耳”を備えているのがポイント。使用時の動作をしっかり計算してデザインしたという。

また、コインケース部分には最高級エクセラファスナーを使用しており、開閉がスムーズ。ササマチ付きなので小銭を出し入れしやすい。

経年変化も楽しめる、全5色

素材には国産のカラーヌメレザー(牛革)を使用。

乗馬用馬具などでお馴染みのブライドルレザーと同じ製法を取り入れ、通常の製造工程の1.5倍の時間をかけてなめした植物性のフルタンニンレザーにオイルとワックスをたっぷり染み込ませ、さらに表面にワックス加工を施している。

そのため、しっかりとした厚みと耐久性を誇り、水や汗、汚れに強いのが特長。使い込むほど渋みを増していき、経年変化を楽しむことができる。

カラーは、ネイビー・ブラック・グレージュ・オレンジ・アップルグリーンの5色。アップルグリーンは同店のみの別注カラー(限定30点)で、再版予定はない希少アイテムだ。

カードや小銭をスマートに持ち歩ける同アイテムは、キャッシュレス時代のビジネスマンの仕事や日常で便利に活躍しそうだ。

出典元:藤巻百貨店/【HMAEN】フルレザーフラグメントケース MINNIE

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード