HOMEメンズファッション デンマークの腕時計ブランド「LLARSEN」燻し加工コレクションの新作を新発売!ミニマルでシックな印象を実現

デンマークの腕時計ブランド「LLARSEN」燻し加工コレクションの新作を新発売!ミニマルでシックな印象を実現

白井恵里子

2020/09/02(最終更新日:2020/09/02)


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社大沢商会は9月上旬より、デンマークの腕時計ブランド「LLARSEN(エルラーセン)」の新機軸、オキシダイジングコレクションの新作を発売する。

"Made in Denmark"のこだわり

2012年に創業した「LLARSEN」では、デンマークの南西の町Svendborg(スヴェンボー)のアトリエで、"Made in Denmark"のこだわりを持ち、職人が一貫して企画・デザイン・製造まで手掛けている。

2018年、ラグジュアリーブランドで豊富な経験を持つマリース・オステルガルド氏が、クリエイティブディレクターに就任。上質な大人のための腕時計でありながら、手頃な価格設定には、「日常的に腕時計を愛して欲しい」という願いを込めているという。

ミニマルさを強調し、シックな印象を

マリース・オステルガルド氏は、ファッション業界での長い経験から得た柔軟な発想で、北欧では昔からジュエリーデザインに欠かせないという「オキシダイジング(燻し)加工」を時計に施し、その斬新な時計を2019年に発表した。

今回このコレクションに、待望の新モデルが登場。

「燻し加工」のハードなイメージも、レギュラーコレクションのメッシュベルトと比べてより薄いベルトを採用することで、さらにミニマルさを強調。様々なシーンやコーディネイトに合うシックな印象を腕元に与える。

価格は2万7000円(税別)から。詳細は同社プレスリリースを参照。

普段使いからビジネスシーンまで、ミニマルでシックな男性を演出できそうな一品だ。

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード