HOMEメンズファッション これで残暑を乗り切る!FABRIC TOKYO、「ビジネスシーンで使いやすい」を追求したサマーマスクを新発売

これで残暑を乗り切る!FABRIC TOKYO、「ビジネスシーンで使いやすい」を追求したサマーマスクを新発売

白井恵里子

2020/09/01(最終更新日:2020/09/01)


このエントリーをはてなブックマークに追加

オーダーメイドのビジネスウェアブランド「FABRIC TOKYO」は8月31日(月)、働くビジネスパーソンの日常に適したサマーマスクの予約受付を開始した。

「暑さ・蒸れ」「衛生管理」「見た目印象」にこだわり

ビジネスシーンで使いやすいマスクを追求。移動中はもちろんのこと、デスクワークや対面の会議でも快適に利用ができるよう、「暑さ・蒸れ」「衛生管理」「見た目印象」の3点にこだわった。

生地の熱吸収率が良く、肌から生地へ熱が移動することで冷たく感じる接触冷感のほか、優れた吸湿速乾性、UVカットなどの機能を搭載。

また、トリコットというニットを使用しており、寸法変化しにくく、柔らかな光沢のある質感でスタイリッシュな印象を実現するという。

もちろん、洗って繰り返し使うことが前提だ。

価格は1枚1200円(税込)。サイズはS(子ども用)・M・Lの3展開で、カラーは白・グレー・黒の3色展開だ。

購入方法などの詳細は同社プレスリリースを参照。

自分たちが欲しいマスクを

同社では、新型コロナウイルス感染拡大に伴い頻度高く着用が必要になったマスクについて、「私たちが欲しいマスクをつくろう。」と、社員がビジネスシーンでの使いやすさを重視して開発に着手。

マスクが手に入りにくかった今年5月に、和紙素材の繰り返し使えるマスクを既存会員を中心に少量販売したところ、瞬く間に完売したという。

今回のサマーマスクはまとまった数量を用意しており、FABRIC TOKYO公式アカウントの無料会員登録を行えば、誰でも購入がすることができる。

ビジネスパーソンにとって、残暑を乗り越えるための心強いアイテムとなりそうだ。

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード