HOMEライフスタイル TSUTAYA BOOKSTORE 渋谷スクランブルスクエアがリニューアルオープン、定額制コワーキングサービス開始

TSUTAYA BOOKSTORE 渋谷スクランブルスクエアがリニューアルオープン、定額制コワーキングサービス開始

mog

2020/06/29(最終更新日:2020/06/29)


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社株式会社蔦屋書店は7月1日(水)、「TSUTAYA BOOKSTORE 渋谷スクランブルスクエア」をリニューアルし、コワーキングスペース「SHARE LOUNGE(シェアラウンジ)」にて、月額制のプレミアムメンバーサービスを開始する。

また、ビジネス書を中心とした、ワークスタイルの提案を強化するフロアも新設する。

コワーキングサービスで定額サービスを開始

同店は、自分らしい自由な働き方を望む人へ向けて、居心地よく、クリエイティビティを刺激する空間と、新たな発見のあるコミュニティの拠点になる店作りを目指している。

今回のリニューアルではコワーキングスペース「SHARE LOUNGE」において、月額定額のプレミアムメンバーサービスを開始。

料金は月額3万5000円(税別)。快適に仕事するための設備やアメニティ、こだわりのナッツや厳選したジュース・アルコールなどを好きなだけ楽しむことができ、マガジンライブラリーも自由に利用できるという。

ビジネス書を中心としたワークスタイルの提案を強化

コワーキングサービスの定額開始とともに、ビジネス書を中心としたワークスタイルの提案を強化するフロアも新設する。

同店舗の選書テーマである「旅は人を“クリエイティブ”にする」に加え、要望の多かったビジネス書を「半歩先の情報と、確かな名著に出会える」という選書テーマのもとピックアップし紹介。ワークスタイルがより豊かになる提案につなげていく。

政治の入門書籍や、リモートワーク・デジタルトランスフォーメーションなどの世相や時流にあわせたテーマをはじめ、デザイン・アート思考など、幅広い雑誌・書籍を取り添え、文房具やガジェットも同フロアで展開する。

リニューアル記念イベントも

リニューアルを記念して、トークイベント「90分でBRUTUSのすべてを知るカルチャースクール」を7月5日(日)13時より開催する。

1980年創刊のライフスタイル雑誌「BRUTUS」の編集長西田善太氏、編集者・ライターの辛島いづみ氏、九龍ジョー氏をゲストに迎え、同雑誌にまつわる貴重な話を聞くことができるそう。

参加費はBRUTUS本誌とワンドリンク付きで1人2500円。

申込方法などの詳細は同社プレスリリースで確認できる。

■「TSUTAYA BOOKSTORE 渋谷スクランブルスクエア」店舗概要
住所:東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア ショップ&レストラン11F
営業時間:10:00〜23:00/不定休
席数:173席(有料席を含む)

出典元:【イベント】90分でBRUTUSのすべてを知るカルチャースクール/TSUTAYA BOOKSTORE 渋谷スクランブルスクエア

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード