HOMEビジネス 増え続ける応援メッセージ。5月第4週に発表された「BtoB向け新型コロナ支援サービス」まとめ

増え続ける応援メッセージ。5月第4週に発表された「BtoB向け新型コロナ支援サービス」まとめ

ericolatte

2020/05/23(最終更新日:2020/05/23)


このエントリーをはてなブックマークに追加

Adobe Stock

新型コロナウイルスに伴う緊急事態宣言の解除は、残すところ首都圏と北海道のみとなっている。

しかし、既に解除となった地域も未だに「3密を避ける」など感染予防対策を意識しており、完全に街に賑わいが戻り、経済活動が回復するにはまだ時間が必要だろう。

そしてそれを物語るかのように、それぞれの得意分野を発揮し、様々な切り口から生まれ続けるコロナ支援のためのサービス。ひとつひとつが、まるで応援メッセージのようだ。

この記事では5月の第4週に発表された「toB 支援サービス」をいくつか取り上げ、紹介する。

飲食店・観光業界を支援

国内向け観光支援Facebookページ「ジャパンコンシェルジュ」

インバウンド向けSNSマーケティングを運用する株式会社ビヨンドは5月20日(水)、国内の食・観光事業者や地方自治体支援のため、Facebook上に国内ユーザー向けオンライン観光SNSメディア「ジャパンコンシェルジュ」を立ち上げた。

リリース記念として今後1カ月間、全国の食・観光事業者や自治体の情報を、国内の旅行好きユーザーへ無償で発信する支援キャンペーンを実施する。

また、同社が得意とするFacebookのターゲティング広告も活用し、興味を持ちそうなユーザーへピンポイントで情報発信するとしている。

具体的には、地元飲食店や旅館などの取り組みやお得な情報、現地の体験などアクティビティの紹介、オンライン宿泊やオンラインイベントなどの企画、現地お取り寄せ商品の販売企画などの発信を予定。

現在、国内ユーザーに向けて発信したい事業者や自治体を募っている。

出典元:株式会社ビヨンド

飲食店事業者向けフードトラック開業支援

モビリティビジネス・プラットフォーム「TLUNCH」を展開する株式会社Mellowは5月19日(火)より、飲食店の販路拡大を支援するため、飲食店事業者向けフードトラック開業支援および経営サポートを無料で提供している。

対象は、東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・福岡における、移動販売をはじめとする飲食店事業の多角化を検討している事業者。

昨今の状況を受けて関心が高まる飲食店の移動販売。これを採り入れるには、経営に関するノウハウや車両に対する知識なども必要であるということから、同社はフードトラック開業におけるノウハウを無料で公開し、コロナショック対策に乗り出した飲食店を全面サポートするとしている。

出典元:株式会社Mellow

ドリンクのテイクアウト促進プロジェクト「MOTTEKU PROJECT」

株式会社JAPANEMIC COMPANYが中心となって行う、ドリンクのテイクアウトを促進することで飲食事業者を支援するプロジェクト「MOTTEKU PROJECT」

同プロジェクトでは、プロジェクトロゴを入れたビールのテイクアウト用ボトル「MOTTEKU グラウラー」を製造。

5月16日(土)~5月31日(日)の期間中にクラウドファンディングを実施し、賛同者の支援を募っている。リターン品は「MOTTEKU グラウラー」1本コース(4200円)など。

プロジェクトの参加店舗をまとめたマップも公開しており、これを参考にテイクアウトができるお店を積極的に利用してほしいとしている。なお、賛同店舗は現在も募集中とのことだ。

出典元:株式会社JAPANDEMIC COMPANY

出前形式デリバリーサービス「タイミーデリバリー」

スキマバイトサービス「タイミー」を展開する株式会社タイミーは5月19日(火)、東京・大阪エリアにて、新しいデリバリーサービス「タイミーデリバリー」β版の提供を開始した。

6月22日(月)まで、配送料1000円で無制限に注文できる特別プランを提供している。

「タイミーデリバリー」では、他事業者に配達を委託するモデルではなく、お店の人が商品を自ら客の元へ届けるという、昔ながらの出前と同じ形式を採用。これにより、客は店頭と同じ値段で注文することができるという。

同社は今後、いち早くこのサービスを全国に広げていき、アフターコロナも継続して利用してもらえるモデルを構築したいとしている。

出典元:株式会社タイミー

飲食店へ寄付金を届ける「絆ギフト券プロジェクト」

ギフト領域特化型セレクトECモール「Giftmall」を運営する株式会社ギフトモールは5月19日(火)、ユーザーが飲食店のギフト券購入とその飲食店への寄付金送付を同時に行える「絆ギフト券プロジェクト」を開始した。

絆ギフト券は一口5000円から購入でき、購入すると代金と同額の寄付金をお店に届けることができる。例えば、2500円のギフト券の場合は、同額の2500円の寄付金と合計して5000円となる。

購入したギフト券は、発券日から180日の有効期限内に対象店舗で利用できる。ギフト券を利用すると店舗に翌月入金されるというシステムだ。

加盟店舗に手数料・振込手数料などは一切かからない。利用のなかった場合のギフト券の返金義務も発生しないという。

出典元:株式会社ギフトモール

飲食店応援映像企画「また〇〇で会いましょう」#Pray for cheers

映像制作を主軸とした動画マーケティングを手掛ける株式会社XYOUは5月19日(火)、飲食店を応援する「また〇〇で会いましょう」#Pray for cheers 企画を開始した。

映像企画第1弾は、「八王子飲食店コロナ支援プロジェクト」のボランティア協賛として制作した「また八王子で会いましょう #Prayforcheers」。

同企画では、「仲間と一緒にお店を盛り上げたい!」「地元を盛り上げたい!」という個人・団体を募り、応援メッセージを込めた動画を制作する。

制作にあたっては、同社から映像企画および制作ディレクターの人材を提供。助成金連携を活用し、昨今の情勢に伴い仕事が激減している全国のクリエイターに共同制作依頼をすることで、仕事の供給を行うことも目的の1つだという。

現在、各地飲食店グループ代表、各地旅館・観光地グループ代表、フリーペーパー・地元紙編集部、映像クリエイターなど、賛同者を募集している。

出典元:株式会社XYOU

#おいしいヴィーガンを未来につなぐプロジェクト

ベジタリアン・ヴィーガンの業界関係者による有志団体「Vege for peace」は5月19日(火)、外国人観光客の減少により特に苦境に陥っているベジ・ヴィーガンの飲食店・生産者らを支援するため、「#おいしいヴィーガンを未来につなぐプロジェクト」を立ち上げた。

同プロジェクトでは、ベジタリアン・ヴィーガンの飲食店に対して、SNS集客支援・販路開拓無料相談・クラウドファンディングなどによるサポートを提供。ベジ・ヴィーガン業界を盛り上げるための新規事業も実施予定だ。

具体的には、飲食店支援サイト「Save the table(旧Save restaurants!)」協力のもと、全国のベジ・ヴィーガンのテイクアウト・デリバリーマップを作成。現在180店舗のリストを順次、無料で掲載しているという。

また、余剰食材を抱える生産者とベジ・ヴィーガン飲食店のマッチング・新規開拓の支援や、宣伝や新規開拓に関する個別無料相談、特設ヴィーガンコロナ支援サイト開設など、様々な取り組みを行う。

6月6日(土)には、「シェフ応援!オンラインヴィーガン料理レッスン」を開催。ヴィーガン料理家で野菜料理家でもある庄司いずみ氏と一緒に、ヴィーガン料理界のトップシェフによる料理レッスンとレストラン紹介をLIVE配信で行う。

その他、現在コラボの企画や運営を支援する企業・団体を募集している。

出典元:Vege for peace

初期費用無料・運営手数料9.8%のオンラインストア「MIRAI便」

BOLSTER株式会社は5月21日(木)、飲食店を支援するため、オンラインストア「MIRAI便」の運営を開始した。

「MIRAI便」は「Yahoo!ショッピング」内のオンラインストア。通常の店舗営業ができずに苦難している飲食店は、初期費用無料・運営手数料9.8%(決済方法により増減あり)という条件で通信販売を開始することができるという。

テイクアウト・デリバリーを実施している飲食店も参加可能。現在参加表明8店舗が先行して販売を開始しており、今後参画希望の飲食店を随時追加していくとしている。

出典元:BOLSTER株式会社

イベント業界を支援

ウェルプレイド株式会社は5月20日(水)より、ゲーム大会や実況動画など、3密を避けた遠隔ゲーム番組配信サービスの提供を行っている。

同時に、ゲーム・eスポーツに関するプロモーションやイベントなどに関わる企業やイベント主催者を対象とし、同社のクリエイターにオンライン相談ができる無料サービス「WPクリニック」も開始した。

同社によれば通常のゲーム大会や生放送などの動画配信では、10~20人のオペレーターと演者・プレイヤーが配信スタジオに集合する体制をとっており、今回の外出自粛の影響でイベントの延期や中止が発表され続けているという。

このような状況下でも以前と同じように楽しい時間を提供したいという想いから、オペレーターが遠隔で対応しても同クオリティで動画配信ができるシステムを構築した。

このシステムを利用すれば、スタジオで対応するオペレーターは2人まで絞ることができ、演者・プレイヤーは自宅からリモート動画配信を行うことができるという。

出典元:ウェルプレイド株式会社

コロナと闘う人々を支援

新型コロナと闘う人々にメキシカンフードを届けるプロジェクト

株式会社トランジットジェネラルオフィスは5月18日(月)、医療・救護従事者をはじめとした新型コロナウイルスと闘う現場・業種の人々を支援する目的で、「LOVE」を届けるクラウドファンディングプロジェクト「SHARE LOVE TGO」を始動した。

第1弾では、コロナと闘う医療・救護従事者を対象に、メキシカンダイナー「Guzman y Gomez」のブリトーを無償で提供・配達する。

同社によれば、支援金額500円につき1本のブリトーを提供することができるといい、リターン品は、お礼メールと店舗で使用可能なブリトーチケットなどを用意している。

出典元:株式会社トランジットジェネラルオフィス

なお、紹介したサービスや活動の詳細は、それぞれのプレスリリースにて見ることができる。

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード