HOMEメンズファッション テレワークの増加でデジカジが台頭!「脱スーツ派」のクローゼット整理をサポートする「スーツ買取サービス」が本格化

テレワークの増加でデジカジが台頭!「脱スーツ派」のクローゼット整理をサポートする「スーツ買取サービス」が本格化

さえきそうすけ

2020/05/11(最終更新日:2020/05/11)


このエントリーをはてなブックマークに追加

イメージ画像:AdobeStock

洋服やブランド品などのリユース事業を手がける株式会社スタンディングポイントによると、テレワークを導入する企業の増加に伴い、着られなくなったスーツやオフィスカジュアルなどの買取が増加しているという。

そこで同社では連休明けより、スーツやオフィスカジュアル関連アイテムの買取サービスを強化した。

脱スーツ派が急増中

4月7日に発令された緊急事態宣言によりテレワークを推奨する企業が増え、それに伴い「脱スーツ派」が急増。

在宅勤務となり、これまで愛用してきたスーツやオフィスカジュアルを着る機会が減り、テレワーク向けの「デジカジ」がトレンドとなってきているという。

更に外出自粛で休日の過ごし方も変化し、片付け需要が増加していることも重なり、同社が運営する洋服・ブランド品買取サービス「エコスタイル」では4月28日現在、スーツの買取が昨対比で217%と大幅に増えた。

スーツに限らず、今後はワンピースやドレスシャツ、革靴など、ビジネスシーンで活躍していたバッグや靴などの片付けが増えることも予想され、スーツやオフィスカジュアル関連アイテムの買取サービスの強化を決めたという。

スーツや靴が売れることを知らない人も

スーツやジャケットなどは、購入時に丈や袖などを直してもらうことも珍しくない。そのため「スーツやジャケットを買取してもらえるとは思わなかった」という人が多いようだ。

また、ビジネスシューズやドレスシューズなどの革靴についても、「履いてしまったものは売れない」と思っている人が多いため、同社ではスーツや関連アイテムの買取に関する専用ページを用意したという。

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード