HOMEビジネス Web・デジタルマーケティング支援サービス「SURGE」今春スタート

Web・デジタルマーケティング支援サービス「SURGE」今春スタート

さえきそうすけ

2020/02/27


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社デイアライブは、Web・デジタルマーケティング支援サービス「SURGE(サージ)」のサービス詳細及びプランを2月20日に公開した。

月額4万円(税抜)から、知識をつける「学べるコンテンツ」、業務を効率化する「便利なツール」、困った時に頼れる「直接話せるアドバイザー」の3つのサポートを提供する。

尚、同サービス提供開始は2020年春を予定している。

Web・デジタルマーケティング支援サービス「SURGE」今春スタート 1番目の画像

学べるコンテンツ、便利なツール、直接話せるアドバイザー

Web・デジタルマーケティング支援サービス「SURGE(サージ)」が提供する3つのサポートをご紹介しよう。

1. 知識をつける「学べるコンテンツ」

Web・デジタル担当者の現場での業務に役立つ、あらゆる知識を提供する。

まとまった時間が必要な動画ではなく、スライド形式なので空き時間などに自分のペースで学ぶことができる。

また、目的・ソリューション・レベルからコンテンツを探すことができるため、困った時に必要な知識のみを得ることも可能だ。

コンテンツ例

・デジタルマーケティングとは?

・はじめてのウェブ広告

・はじめてのウェブサイト分析

・2020年度版:ソーシャルメディア事情(SNS事情)

・実は知らない!インターネットの仕組み

サービス提供開始時には20~30コンテンツを提供予定で、提供開始後、毎月追加予定である。

2. 業務を効率化する「便利なツール」

Webサイト制作会社との調整や運用、SNSの活用、広告配信、データ分析など、Web・デジタル担当者の現場での業務は多岐に渡る。

担当者や委託先企業が複数の場合、コンセプトが施策ごとに異なってしまったり、クオリティが人に依存してしまったりということも。このような課題を解決するために、各種ツールを提供する。

ツール例

・デジタルマーケティング:コンセプトシート

・デジタルマーケティング:KGI・KPI設定シート

・ウェブサイト:RFP記載内容チェックリスト

・ウェブサイト:プロジェクトコンセプトシート

・ウェブ広告:Facebook広告配信設定チェックリスト

・インフラ系アカウント管理ツール

サービス提供開始時は約20ツールを提供予定で、提供開始後、随時追加予定である。

3. 困った時に頼れる「直接話せるアドバイザー」

現場での業務を進める中で出てくる、具体的な課題や悩みに対応するために、テレビ会議や訪問でのセミナーなど、課題や相談内容にあった方法で、アドバイザーが直接サポートする。

活用例

・計測ツールで必要な数値が取れていないので、設定方法を確認してほしい

・Webサイトリニューアルの提案依頼書の添削をしてほしい

・プロポーザルの審査に、第三者のプロとして参加し評価してほしい

尚、プランにより利用可能な形式や時間が異なる。

サービスプランについて

Basicプラン・Standardプラン・Advancedプランの3プランを提供。

年間契約となり、1契約10アカウントまで利用可能で、いずれも初期費用はかからない。

Standardプラン・Advancedプランは、付与される「チケット」を使ってアドバイザーに相談することができる。

Basicプランは「チケット」は含まれないが、相談ごとに別途費用にて、セミナーやテレビ会議でのアドバイスを受けることが可能だ。

Web・デジタルマーケティング支援サービス「SURGE」今春スタート 2番目の画像

セミナーやテレビ会議などでの使用チケットの目安は、専用サイトをご覧いただきたい。その他、利用形態に合わせた専用プランを用意することもできるという。

2020年春に同サービスの提供を開始する予定で、5月には東京・大阪での展示会出展、デモ提供、夏には東京でフォーラム参加、講演を予定している。


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード