HOMEライフスタイル 外泊した分だけ家賃が安くなる「サブスク住居」が登場、住民が使わない日の部屋はホテルとして使用

外泊した分だけ家賃が安くなる「サブスク住居」が登場、住民が使わない日の部屋はホテルとして使用

長澤まき

2020/02/27


このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社Unitoは2月25日、外泊したら家賃が安くなるサブスクリプション住居「unito(ユニット)」のサービスサイトをオープンした。

”家に住む”と“ホテルに泊まる”を融かし合わせた新しい住まいの形を提案する。

外泊した分だけ家賃が安くなる「サブスク住居」が登場、住民が使わない日の部屋はホテルとして使用 1番目の画像

住んだ日数分だけ家賃を支払う

「unito」は、固定した賃料を毎月支払う一般的なシステムとは異なり、自分が住んだ日数分だけ家賃を支払う新しい家賃システム。

Re-rent(リレント)を導入しており、同サービスのアプリから外泊申請すると、その日数分の家賃が差し引かれる。

外泊中の部屋はホテルとして使用。ゲストが宿泊した後は運営スタッフが清掃し、貸し出し前よりもきれいにしてユーザーに返すそうだ。

外泊した分だけ家賃が安くなる「サブスク住居」が登場、住民が使わない日の部屋はホテルとして使用 2番目の画像

部屋は、都会暮らしに最適化されたハードウェア「ユニットハウス」を独自開発。多くの備品をシェアすることで、内装をシンプルにした。

共用部にはコワーキングスペース・リビングスペース・ランドリー・無人コンビニ・シェア自転車などを設置するほか、常駐のコンシェルジュが郵便や洗濯の代行などを行うという。

外泊した分だけ家賃が安くなる「サブスク住居」が登場、住民が使わない日の部屋はホテルとして使用 3番目の画像

ミレニアル世代が求める暮らしを追求

時間を最大限有意義に使いたいミレニアル世代にとって住むエリアは最重要だと考え、都会暮らしにこだわった。

同サービスで住める部屋は全て東京23区、山手線の内側を中心に作っていくという。

オフィスの近くに住むことにより、通勤時の満員電車を避けられるのに加え、仕事前後の時間に余裕が生まれ、生産的なライフスタイルを叶える。

外泊した分だけ家賃が安くなる「サブスク住居」が登場、住民が使わない日の部屋はホテルとして使用 4番目の画像

第1号店となる「unito Chiyoda」を3月に、東京都千代田区東神田にオープン予定。

アプリはiOS版のみ3月より提供する予定だという。

暮らしの最適化を追求

同社は「暮らしの最適化の追求」をビジョンに掲げ、不動産の企画・開発・運営を展開している。

サービスサイトオープンと同日に、新規投資家および既存投資家を引受先とした第3者割当増資、日本政策金融公庫などからのデットファイナンスを合わせ、総額約7000万円の資金調達を実施したと発表。

これにより、累計調達額は約1億2000万円になるという。

外泊した分だけ家賃が安くなる「サブスク住居」が登場、住民が使わない日の部屋はホテルとして使用 5番目の画像

サブスク住居「unito」を拠点とし、ミレニアル世代のパーソナライズで最適化された、新しい暮らしを提案していくとしている。


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード