HOMEライフスタイル 横浜市営地下鉄ブルーラインの延伸ルート・駅位置が決定!新駅は4駅、周辺のまちづくりの方向性は?

横浜市営地下鉄ブルーラインの延伸ルート・駅位置が決定!新駅は4駅、周辺のまちづくりの方向性は?

長澤まき

2020/01/23


このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県の横浜市と川崎市は1月21日、延伸する横浜市営地下鉄ブルーライン「あざみ野~新百合ヶ丘(約6.5キロ)」の概略ルート・駅位置を発表した。

新駅は4駅。2030年(令和12年)の開業を目指す。

地下トンネル構造を基本に延伸

周辺の地形・土地利用・交差構造物等への影響を考慮し、地下トンネル構造を基本としたうえで延伸する。

横浜市側のルートは、道路下などの公有地を有効活用し、既設のあざみ野駅から横浜・川崎両市の市境となるすすき野付近までが基本。駅位置については、青葉区の嶮山(けんざん)付近およびすすき野付近を基本とする。

川崎市側は、北部地域の公共交通ネットワークの充実や駅周辺の活性化を図るため、麻生(あさお)区のヨネッティー王禅寺(おうぜんじ)付近を通るルートを選定したという。

横浜市営地下鉄ブルーラインの延伸ルート・駅位置が決定!新駅は4駅、周辺のまちづくりの方向性は? 1番目の画像

新駅周辺のまちづくりの方向性

延伸に伴う駅周辺のまちづくりの方向性は、次のとおり。

あざみ野駅

交通利便性を生かし、規制・誘導的手法等により、商業・業務・文化機能の集積を中核とする拠点づくりを進める。

嶮山・すすき野付近

地域の状況に合わせ、周辺の環境にも配慮しながら、生活拠点としてまちづくりを進める。

 ヨネッティー王禅寺付近

路線バス等の円滑な駅アクセスを可能とする交通結節機能の強化等による川崎市北部地域の公共交通ネットワークを充実。

また、周辺の住環境に配慮しながら、地域資源の活用等による賑わいの創出など、駅周辺の活性化に資するまちづくりを進める。

新百合ヶ丘駅付近

民間活力を活かした土地利用転換の誘導や交通結節機能の強化・駅周辺の回遊性向上を目指し、ハード・ソフト両面での総合的な取組により、広域拠点にふさわしいまちづくりを推進する。

早期の事業着手を目指す

今後は、今回の発表の基本的な考え方を踏まえ、環境影響評価手続の実施に向けた準備を進めていく。

国や関係者との協議・調整を進めるとともに、環境影響評価や都市計画・鉄道事業法等の手続を経て、早期の事業着手を目指すという。

横浜市営地下鉄ブルーラインの延伸ルート・駅位置が決定!新駅は4駅、周辺のまちづくりの方向性は? 2番目の画像

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード