HOMEビジネス 2019年の正社員平均年収は408万円、ほぼ全世代で前年より下がる│年齢・職種・都道府県別、doda調べ 

2019年の正社員平均年収は408万円、ほぼ全世代で前年より下がる│年齢・職種・都道府県別、doda調べ 

長澤まき

2020/01/20


このエントリーをはてなブックマークに追加

パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス・doda(デューダ)は1月20日、「平均年収ランキング2019」を発表した。

2018年9月~2019年8月の1年間にdodaエージェントサービスに登録した約40万人のデータをもとに、正社員として働く20~65歳までのビジネスパーソンの平均年収を職業や業種など様々な切り口でまとめた。(※平均年収=総支給額)

2019年の正社員平均年収は408万円、ほぼ全世代で前年より下がる│年齢・職種・都道府県別、doda調べ  1番目の画像
イメージ画像/Adobe Stock

平均年収は408万円、20代男性のみ微増

調査によると、2019年の全体の平均年収は408万円。

年代別では、20代は345万3000円、30代は441万7000円、40代は507万3000円、50代以上は622万円だった。

全ての年代で前年より平均年収が下がったが、年代・性別別で見ると、20代男性のみ前年(367万円)から微増したという。

2019年の正社員平均年収は408万円、ほぼ全世代で前年より下がる│年齢・職種・都道府県別、doda調べ  2番目の画像

業種別上位にメーカー・金融・メディカル系

業種別にみると、全96業種のトップ10のうち9つがメーカー・金融・メディカル系だった。

1位は2018年と同じく、金融系の「投信/投資顧問」(648万円)。次いで、メディカル系の「医薬品メーカー」(600万円)、メーカーの「たばこ」(591万円)だった。

2019年の正社員平均年収は408万円、ほぼ全世代で前年より下がる│年齢・職種・都道府県別、doda調べ  3番目の画像

職種別では「投資銀行業務」が1位

職種別では「投資銀行業務」(843万円)が全167職種の中で1位に。

2位は「運用(ファンドマネージャー/ディーラー)」(720万円)、3位は「内部監査」(709万円)だった。

金融系専門職・専門職系の仕事がトップ10のうち半数を占めている。

2019年の正社員平均年収は408万円、ほぼ全世代で前年より下がる│年齢・職種・都道府県別、doda調べ  4番目の画像



1位は東京、6位までを首都圏が占める

都道府県別では、1位の東京都(438万円)を筆頭に上位6位までを首都圏が占めた。

1位の東京都と最下位の沖縄県(337万円)の差は101万円。47都道府県の中で前年よりも平均年収が増えたのは13県のみだった。

2019年の正社員平均年収は408万円、ほぼ全世代で前年より下がる│年齢・職種・都道府県別、doda調べ  5番目の画像

調査結果の詳細は同社のプレスリリースWebサイトにて見ることができる。


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード