HOMEイベント 印刷メディアビジネスの総合イベント「page2020」が今年も開催

印刷メディアビジネスの総合イベント「page2020」が今年も開催

ericolatte

2020/01/15(最終更新日:2020/01/15)


このエントリーをはてなブックマークに追加

公益社団法人日本印刷技術協会は、2月5日(水)~2月7日(金)に東京・池袋のサンシャインシティで、印刷メディアビジネス総合イベント「page2020」を開催する。

イベント内では未来の印刷・メディアビジネスについて考える3つの基調講演を行う。

印刷メディアビジネスの未来を考える

「page」は同協会が1988年に初めて開催。今回の「page2020」が33回目となる。

今年のテーマは「デジタル×紙×マーケティングfor Business」。印刷メディアのみならず、デジタルメディアも含めた領域を対象に、各界の第一人者が登壇し多数のセッションを繰り広げるという。

印刷メディアビジネスの総合イベント「page2020」が今年も開催 1番目の画像

3つの基調講演

「page2020」では、同協会が3つの基調講演を行う。

1つ目は、2月5日(水)に行う「デジタル×紙×マーケティング」決定版。フュージョン株式会社代表取締役会長である花井秀勝氏らが登壇し、印刷ビジネスの近未来を見据えた人材育成や設備導入などの提案を行う。

2つ目は、2月6日(木)に行う「ライト出版市場の誕生と広がり~縮小する既存出版の外側で膨らむ市場~」。文学フリマの望月倫彦氏、技術書典の高橋征義氏、ビズケットの坂本海氏らが登壇し、今広がりつつある、正規出版と同人出版の中間的とも言える「ライト出版」の市場可能性について議論する。

3つ目は、2月7日(金)に行う「事業創造のオープンイノベーション~中小企業連携で復活する東東京下町のものづくり~」。社屋の全焼によって壊滅しかけた状態から復活を遂げた株式会社浜野製作所の代表取締役CEO・浜野慶一氏らが登壇し、東京下町のものづくりから習う新規事業創出のポイントなどを提案する。

参加費は、事前申込価格1万6500円、当日価格1万8000円。複数申込割引あり。申込は特設サイトから行うことができる。

■page2020基調講演概要

会期:2020年2月5日(水)~2月7日(金)10:00~12:00

会場:サンシャインシティ ワールドインポートマート 5階

内容:基調講演3本(各120分)

企画:JAGAT研究調査部

特設サイト

■page2020概要

会期:2月5日(水)~2月7日(金)  10:00~17:00

会場:サンシャインシティ コンベンションセンター

展示ホールB/C/D  (文化会館 2階、3階、4階)

入場料:1000円(Webによる事前登録の場合は無料)

主催:公益社団法人日本印刷技術協会(JAGAT)

後援:経済産業省ほか

特設サイト


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード