HOMEイベント 日経産業新聞、最新テクノロジー導入による営業部門の生産性向上を考えるフォーラムを全国4都市で開催

日経産業新聞、最新テクノロジー導入による営業部門の生産性向上を考えるフォーラムを全国4都市で開催

ericolatte

2020/01/15(最終更新日:2020/01/15)


このエントリーをはてなブックマークに追加

日本経済新聞社は2月25日(火)から3月4日(水)にかけ、大阪、福岡、東京、名古屋の4都市で日経産業新聞フォーラム「営業部門の働き方改革」を開催する。

日経産業新聞、最新テクノロジー導入による営業部門の生産性向上を考えるフォーラムを全国4都市で開催 1番目の画像

営業生産性の向上を目指し

同社によると、営業部門における働き方改革を推進するためには、限られた時間の中で最大限の成果を上げることが必須であり、そのためには、デジタルテクノロジーの活用が欠かせない。

同フォーラムでは、最新デジタルテクノロジーの導入による営業マネジメント強化や企業活動の課題解決への寄与について考える。

日経産業新聞、最新テクノロジー導入による営業部門の生産性向上を考えるフォーラムを全国4都市で開催 2番目の画像
Adobe Stock

営業分野で活躍するビジネスリーダーが数々登壇

フォーラムでは、EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングの千葉友範氏や、ソフトブレーン取締役の長田順三氏など、営業部門やデジタルトランスフォーメーションなどの分野で活躍する数々の登壇者による基調講演やセッションを予定。

各回とも参加は無料。定員は100~200人。

■フォーラム開催概要

<大阪>

開催日時:2月25日(火)  13:00~17:10 (開場12:30)

会場:日本経済新聞社 大阪本社 カンファレンスルーム

    (大阪府大阪市中央区高麗橋1-4-2)

定員:150名

締め切り:2月17日(月)

参加申込み

<福岡>

開催日時:2月27日(木)  13:00~16:30 (開場12:30)

会場:日本経済新聞社 西部支社 大会議室

    (福岡県福岡市博多区博多駅東2-16-1)

定員:100名

締め切り:2月19日(水)

参加申込み

<東京>

開催日時:3月3日(火)  13:00~18:00 (開場12:30)

会場:コングレスクエア日本橋 コンベンションホールA・B

    (東京都中央区日本橋1-3-13 東京建物日本橋ビル)

定員:200名

締め切り:2月25日(火)

参加申込み

<名古屋>

開催日時:3月4日(水)  13:00~17:10 (開場12:30)

会場:JPタワー名古屋 ホール

    (愛知県名古屋市中村区名駅1-1-1 3F)

定員:140名

締め切り:2月25日(火)

参加申込み


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード