HOMEビジネス チャレンジを共創により加速させる。エイチタス株式会社「事業創造アイデアソンプログラム」の提供開始

チャレンジを共創により加速させる。エイチタス株式会社「事業創造アイデアソンプログラム」の提供開始

U-NOTE編集部

2019/05/28(最終更新日:2019/05/28)


このエントリーをはてなブックマークに追加

チャレンジを共創により加速させる。エイチタス株式会社「事業創造アイデアソンプログラム」の提供開始 1番目の画像

エイチタス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:原 亮/小澤 剛)は、2019年度、「事業創造アイデアソンプログラム」を事業支援サービスとしてパッケージ化し、提供を開始した。 

共創による価値創出で実績重ねるエイチタス株式会社 

エイチタス株式会社の原社長は日本でいち早く「アイデアソン」という言葉を表に出してプログラムを開催した人物だといわれている。

ソフトウェアを開発し完成度を競い合う「ハッカソン」という言葉は聞いたことがあるだろう。

「アイデアソン」も「ハッカソン」と同じように「アイデア+マラソン」の造語だ。特定のテーマについてグループ単位でアイデアを出し合ってまとめるイベントをさす。

これまでにエイチタス株式会社は企業や事業者、自治体などと協業による連携を促進し地域活性化やビジネスモデル創造コンサルティング、人材教育など幅広い分野で豊富な実績を重ねてきた。 

事業創造アイデアソンプログラムとは 

その実績をパッケージ化したのが「事業創造アイデアソンプログラム」だ。

1泊2日で社内外の人材を集めた交流型のアイデアソン(アイデア創出イベント)を行い、短期間でアイデアの出し方や、事業創造の基本プロセスを学び。新事業創出のきっかけを提供する。 

このプログラムに参加すると多彩な経験のあるメンターたちにリアルタイムでアドバイスやサポートを受けることができるのでオープンイノベーションや当事者意識を持った事業開発ができるようになるのだ。

今後新規事業のアイデアを募りたい、イノベーションが起こりやすい企業体質にしたいという経営者の方は是非関連ページを見てほしい。 

過去の事例
http://htus.jp/activity/ 

エイチタス株式会社
http://htus.jp


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード