HOMEメンズファッション ビジネスマンのための「まゆ毛・ヒゲ・鼻毛パーフェクトガイド」:真の清潔感を手に入れろ!

ビジネスマンのための「まゆ毛・ヒゲ・鼻毛パーフェクトガイド」:真の清潔感を手に入れろ!

Saki Shinoda

2016/09/15(最終更新日:2020/12/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加

髪の毛以外の「毛」にあまり興味を持っていなかったという人もいるのではないでしょうか。

社会人になると、相手に不快感を与えないほどの清潔感を持たなければいけません。

本記事では、眉毛・ヒゲ・鼻毛の手入れの方法についてご紹介します。社会人になったからこそ清潔感を身に付けたい人はぜひ参考にしてください。

本記事の内容をざっくり説明
  • ビジネスマンらしい「まゆ毛」の整え方
  • 第一印象をよくするためには「ヒゲ」の手入れが必須
  • ビジネスマンの禁忌「鼻毛」は鼻毛カッターで万全の対策を
 

ビジネスマンらしい「まゆ毛」の整え方

ビジネスマンのための「まゆ毛・ヒゲ・鼻毛パーフェクトガイド」:“真の清潔感”を手に入れろ!  2番目の画像

「まゆ毛を自分で整えたことがない」という人もいるのではないでしょうか。

まゆ毛は、顔の印象を決める上で非常に重要なパーツです。少し手を加えるだけでも、印象が大きく変わります。

生えっぱなしにしているときと比べて清潔感が出るので、社会人としてケアすることがおすすめです。

 

まゆ毛の黄金比に沿ってケアするとGOOD

まゆ毛を整えるには、ただ余分な毛を切ったり抜いたりすればいいというわけではありません。やみくもに抜いたり剃ったりしていると、間抜けな印象になってしまいがちです。

まゆ毛の手入れをする際は、「黄金比」を意識すると失敗しづらくなります。以下では、まゆ毛の黄金比をご紹介します。

まゆ毛の黄金比

  • 眉頭(眉のはじまり)の位置は目頭の真上
  • 眉尻(眉のおわり)の位置は小鼻(鼻孔横の膨らみ)と目尻を結んだ線の延長線上の手前
  • 眉山(眉の一番高い部分)の位置は眉頭から約2/3、白目がおわる位置の真上
  • 眉山と眉尻の高さはまっすぐ一直線上

上記の黄金比に従ってまゆ毛を整えていけば、ビジネスシーンで好印象を与えられる顔立ちを簡単に作れます。

以下では、まゆ毛を整えるのに必要なグッズと使い方を紹介していきます。

 

まゆ毛のお手入れグッズ5選

まゆ毛のお手入れをするためには、専用の道具が合ったほうがやりやすいです。失敗しないように、まゆ毛のお手入れグッズを買うことをおすすめします。

まゆげのお手入れグッズには、まゆコーム・まゆハサミ・毛抜き・まゆ用カミソリ・アイブローペンシルの5つがあります。

まずは、まゆコームについてご紹介します。

まゆコームは、まゆ毛の毛流れを整えるために使いましょう。コームを通すことで、まゆ毛がカットしやすくなったり、余分に長い毛がわかりやすくなったりします。眉頭から眉山までは上向き、眉山から眉尻までは下向きというように、毛流れに沿ってまゆ毛をとかしていきましょう。

次に、まゆハサミをご紹介します。まゆハサミは、まゆ毛をコームでとかした後に使用します。黄金比の形からはみ出す毛をまゆハサミで切り落とします。髪の毛用のハサミよりも小さいので、繊細な動きができるのがポイントです。切り過ぎないよう、少しずつハサミを動かしましょう。

次に、まゆ用カミソリをご紹介します。まゆ用カミソリは、眉山の上のうぶ毛をカットするのに使います。うぶ毛をカットすることで、まゆ毛のあるところとないところの差が明確になり、よりまゆ毛がきれいに見えます。

次は、毛抜きについてご紹介します。「毛抜き」を使ったことがある人も多いのではないでしょうか。まゆ毛の黄金比の形からはみ出した毛やまゆカミソリで剃った後の短い毛を、毛抜きで抜いていきます。毛を抜く際に、まゆ毛の毛流れと同じ方向でひっぱることで、根本からスムーズに痛みを抑えながら抜けます。

黄金比を意識しながら形を作るのが難しい場合は、「アイブローペンシル」で先に形を書くことで整えやすくなります。アイブロウペンシルとは、化粧道具のひとつで、まゆ毛の輪郭を書く道具です。ガイドラインを引くことにも適しているので、まゆ毛を手入れする際には、使ってみてはいかがでしょうか。

まゆ毛の手入れのことをもっと知りたいという人には、「【完全版】メンズ眉毛の整え方・失敗しない男の眉毛カンタンお手入れ術&理想の眉になるための基本知識」をおすすめします。

第一印象をよくするためには「ヒゲ」の手入れが必須

眉毛を整えた後は、「ヒゲ」の手入れも忘れずに行いましょう。清潔感が命となるビジネスマンにとって、ヒゲは悩ましい存在でしょう。

「毎日ヒゲを剃るの大変で、肌も荒れてしまう」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

以下では、なるべく肌を傷つけないヒゲの手入れ方法をご紹介します。

 

肌を傷つけない、ヒゲのお手入れ方法

毎朝のヒゲ剃りをする際に時間を急ぐあまり、カミソリ負けで肌を傷つけてしまっている人もいるのではないでしょうか。清潔感を保つためのヒゲのお手入れの結果として、肌に傷やカミソリ負けの赤みを作ってしまっては台無しです。

肌へのダメージをなるべく抑えたい人は、電気シェーバーを使用することをおすすめします。

しかし、より深く剃ることのできるT字カミソリを愛用している人も多いでしょう。T字カミソリの場合は3枚刃よりも5枚刃のように刃の数が多いカミソリを使用することで、肌にかかる負担を減らせます

ヒゲを剃る際は、シェービング剤を忘れずに使用しましょう。シェービング剤は肌にかかるダメージを軽減してくれます。

カミソリ負け予防には「ヒゲ剃り前の準備」も重要となります。剃る前のヒゲに水をつけると、ヒゲが柔らかくなり、剃りやすくなります。ヒゲ剃り前に顔を水に浸けたり、蒸しタオルで30秒ほど温めたりすることとで、少ない力でもしっかりヒゲを剃れます。

また、顔の印象を決まるのは、ヒゲの有無だけではなく肌の調子も大切です。ヒゲを剃った後は、スキンケアを忘れずに行いましょう。

職場によっては「ヒゲをスタイリングする」選択もある

クリエイティブ系やアパレル系の職種では「清潔感とTPOに気を配っていればヒゲもOK」という職場もあるのではないでしょうか。

きちんと整えたヒゲ」であれば、ビジネスの場でも好印象を与えられます。ヒゲを伸ばしたい人は、剃るヒゲの長さを設定できるスタイラー機能の付いたシェイバーでスタイリングしてみましょう。ヒゲをきちんと整えられるので、清潔感を演出することが可能です。

スタイリッシュな印象にしたいならあごヒゲ、上品な印象を与えたいなら口ヒゲのスタイリングがおすすめです。どのスタイルでもスタイラーを使い、ヒゲの長さを2〜3ミリに揃えることが重要となります。また、スタイリングした箇所以外のヒゲは常に剃っておくよう心がけましょう。

ビジネスマンの禁忌「鼻毛」は鼻毛カッターで万全の対策を

 
ビジネスマンのための「まゆ毛・ヒゲ・鼻毛パーフェクトガイド」:“真の清潔感”を手に入れろ!  8番目の画像

by tokyoform

ビジネスマンの身だしなみにおいて、絶対にあってはならないものがあります。
それは「鼻毛」です。呼吸などで気が付かないうちに鼻孔から飛び出るため、鏡の前で完璧に整えても油断できない、厄介な存在です。

鼻毛のお手入れの手段として、ハサミや毛抜きなどを使う方法があります。しかし鼻孔の形は複雑なため、奥の方まで切ることが難しいでしょう。さらに毛抜きは、抜いた箇所から細菌が入り込んで化膿する危険性もあります。

そのため、ハサミや毛抜きではなく、鼻毛カッターを使うことをおすすめします。

鼻毛カッターは、鼻の形にフィットするため、奥の毛までしっかりカットできます。また、ヒゲ用シェーバーと同様に肌を傷つけない設計になっているため、痛みを感じにくく怪我の心配も少ないです。

さらにアタッチメント式の製品の中には、鼻毛だけでなくまゆ毛のお手入れ、さらにヒゲのスタイリングまでできるものもあります。

鼻毛カッターは小型で持ち運びも容易なため、常にカバンに忍ばせることもできます。大事なアポの直前に鏡を確認したら、鼻毛が飛び出ていた……というような場面でも、鼻毛カッターを持っていれば安心ですね。
 

 

ビジネスシーンでは「清潔感」が命!ヒゲの手入れは忘れずに

本記事のまとめ
  • まゆ毛は黄金比に沿ってケアをしよう
  • 肌を傷つけないようにヒゲを手入れすることを意識しよう
  • 鼻毛も忘れずに、処理しよう

本記事では、まゆ毛・ヒゲ・鼻毛の処理方法をご紹介しました。

まゆ毛・ヒゲ・鼻毛は髪の毛と同じように日々伸び続けています。そのため、日々定期的にお手入れし続けることが重要です。

本記事を参考に、こまめなお手入れを心がけ、ビジネスシーンに相応な「真の清潔感」を手に入れてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード