HOMEビジネス 「わかりました」の正しい敬語はこれ!間違いやすい10の敬語の正しい使い方

「わかりました」の正しい敬語はこれ!間違いやすい10の敬語の正しい使い方

U-NOTE編集部

2018/04/02(最終更新日:2020/05/06)


このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスシーンでは、状況に応じた適切な言葉を選ぶ必要があります。敬語をしっかり身に付けて、相手に好印象を与えられるビジネスパーソンに成長していきましょう。

本記事では、敬語の正しい使い方について徹底解説。「了解しました」「なるほどですね」「ご一緒します」など、意外と知らないNG敬語についてもご紹介します。

本記事の内容をざっくり説明
  • 「わかりました」の正しい敬語は、「了解しました」ではない
  • 「なるほどですね」は、目上の人には厳禁
  • 「おわかりいただましたか?」は失礼な表現

 

間違いやすいビジネス敬語1.「了解しました」

自分では正しいと思っていても、正確には使い方が間違っている言葉は多いもの……。そんなNG敬語のなかでも、もっとも間違いやすいのが「了解しました」です。一見、「わかりました」を丁寧に伝えているように思えますが。実は目上の人に使用するのは誤りなのです。

「わかりました」は、動詞「わかる」の連用形「わかり」に、丁寧語の「~ます」を過去形で繋げた言葉。上司や目上の人に使用する尊敬語ではなく、同じ立場や部下に使用する丁寧語です。「了解しました」も「了解する」の丁寧語となっており、「わかりました」と同様に、目上の人に使用する言葉としては不適切な言葉になります。

では、目上の人に理解した旨を伝えたい場合には、どのような言葉を使えばよいのでしょうか。

 

「わかりました」を伝えるのに適した敬語#1:「承知しました」

上司や目上の人に「わかりました」と伝えたい場合には、「承知(しょうち)しました」が最適です。「承知」には、下記の3つの意味があります。

【「承知」の意味】

  • 事情を知る、理解できている
  • 相手からの依頼や要求を聞き入れる
  • 相手の抱える事情を理解して許す

「承知」は謙譲語ではありませんが、謙譲語の「承(うけたまわ)る」の「承」に謙譲語「いたす」+丁寧語「ます」が繋がっているため、目上の人にも使用できる丁寧な伝え方になっています。ただし、承知のみで使用すると失礼な表現となってしまうので要注意。丁寧語とあわせて、「承知しました」「承知いたしました」と使用しましょう。

<使用例>

  • ミーテイング開始時刻の変更について、承知しました。
  • 20日〆切とのこと、承知いたしました。

 

「わかりました」を伝えるのに適した敬語#2:「かしこまりました」

かしこまりました」も、目上の人に「わかりました」と伝えたいときに使用できる言葉です。「畏(かしこま)る」は、尊敬する相手に謹んで言葉をおくるという意味を持ち、目上の人からの要望や命令を前向きに理解するニュアンスがあります。「かしこまりました」は、「承知しました」よりもいっそう丁寧な言葉なので、クライアントや顧客に使用する言葉としても最適です。

<使用例>

  • 上司「○○の手配をお願いできるかな」
    →部下「かしこまりました。では、来週の木曜日まで納品いたします。」

 

「わかりました」を伝えるのに適した敬語#3:「承りました」

承(うけたまわ)りました」も「承知しました」や「かしこまりました」と同様に、目上の人に使用できる表現です。「承る」には、受ける・聞く・引き受ける・伝え聞くの謙譲語で、相手の言葉を謹んで聞くことを指します。相手からの要望や命令をしっかり伝え聞くといったニュアンスで使用できる言葉です。

伝聞の要素が強いので、クライアントや顧客からの伝言を受け取ったときに使用されるのが一般的。社内の先輩や上司に対して使用することは少ない言葉です。

<使用例>

  • 11階の会議室にアイスコーヒーを3つですね。承りました。
  • あいにく田中は他の電話に出ております。わたくしでよろしければ、代わりにご用件を承ります。
「わかりました」を丁寧に伝えるには?
  • 「了解しました」「わかりました」は、目上の人や上司に使用するのはNG
  • 「わかりました」を丁寧に伝えたいときには、「承知しました」「かしこまりました」「承りました」
  • 「承りました」は伝聞時に使われることが多い

 

間違いやすいビジネス敬語2.「すみません」

「ごめんなさい」を丁寧に伝えるために、「すみません」「すみませんでした」と使用している方も多いのではないでしょうか。広いシーンで使用される言葉ですが、ビジネスの場で謝罪の気持ちを伝える場合には「申し訳ありません」「申し訳ございません」の方が適切。より丁寧におわびを伝えられるでしょう。

なお、「すみません、お言葉に甘えていただきます」「お忙しいところ、休暇をいただきすみませんでした」といったように、感謝の意味を込めて使用する場合には「ありがとうございます」に言い換えるのが賢明です。

また、「すみません」を丁寧に伝えたい場合には、「申し訳ございません」のほかに、下記の表現でもOK。使用するシーンにあわせて、使い分けましょう。

【「申し訳ございません」の類義語】

  • お詫びいたします/お詫び申し上げます
  • 申し訳なく存じます
  • ご迷惑をおかけいたしました

 

間違いやすいビジネス敬語3.「~のほう」

「お箸のほうは、ご入用ですか?」「メニューのほう、お持ちいたしました」といったように、接客シーンで頻繫に使用されている「~ほう」。

しかし、本来「~のほう」は方角や方向を指す言葉なので、「あちらのほうに展示してあります」といった使い方が正解。よく耳にする言葉ですが、方角を指していない場合には誤った使い方となってしまうので注意しましょう。

 

間違いやすいビジネス敬語4.「お休みを取らせていただいております」

クライアントや顧客から電話がかかってきたとき、担当者が休暇をとっている場合に「○○は、本日お休みを取らせていただいております」と伝えてしまいがち。非常に丁寧な表現に思えますが、残念ながら「取らせていただく」の使い方が正しくありません。

「~取らせていただく」は今話している人物(あなた)の許可をとって、休暇をとっていると捉えられてしまいます。「 ○○は、本日休みをいただいております」が正しい使い方です。

 

間違いやすいビジネス敬語5.「お名前を頂戴する」

電話対応や来客の応対時に、「お名前を頂戴できますか?」「お名前を頂戴します」と使用している方も多いはず。広く使われている言葉ですが、「名前+頂戴する」の組み合わせは非常に違和感がある表現です。

違和感を覚えるのは、「お名前をお聞かせください」と「お名刺をいただけますか」のふたつが混ざった言葉であるため。相手の名前を聞きたい場合には、「 お名前を伺ってもよろしいでしょうか?」を用いるようにしましょう。

 

間違いやすいビジネス敬語6.「ご一緒します」

上司や目上の人と一緒に出張や外回りに行く際、「ご一緒します」と使っているビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。一見丁寧な表現のように思える「ご+一緒に行く」ですが、尊敬語や謙譲語ではなく、あくまで丁寧表現に過ぎません。

目上の人と一緒に自分が行動する場合には、へりくだって相手を立てる謙譲語を使用する必要があります。「する」の謙譲語である「いたす」や、相手の許可によってなんらかの恩恵を受けるときに使用する「~させていただく」を繋げて、「ご一緒いたします」「ご一緒させていただきます」としましょう。

間違いやすい敬語
  • 「~のほう」は方角を指すときだけに使用する (誤)メニューのほうお下げします/(正)富士山は西側のほうから見えます
  • (誤)お休みを取らせていただいています/(正)休みをいただいております
  • 名前+頂戴するは不自然 (正)お名前をうかがってもよろしいでしょうか
  • (誤)ご一緒します/(正)ご一緒させていただきます、ご一緒いたします

 

間違いやすいビジネス敬語7.「なるほどですね」

相槌を打つときに、「なるほど、そうなんですね」「なるほどですね」と言うのはビジネスマナー違反。自分の感情や気持ちあらわす感嘆詞である「なるほど」は、相手の言葉への同意や納得を示す言葉です。目上の人に使ってしまうと、目下の人が目上の人を評価しているとも捉えられてしまいます。

上司の言葉に共感や理解気持ちを伝える場合には、下記の言葉が最適です。シーンに合わせて、使い分けてくださいね。

<「なるほど」に代わる、丁寧な表現>

  • 左様(さよう)でございますね
  • 仰る通り(おっしゃるとおり)でございます
  • かしこまりました
  • 承知いたしました

 

間違いやすいビジネス敬語8.「させていただく」

使役の助動詞「~させて」に、「もらう」の謙譲表現である「いただく」をつなげた「~させていただく」。正しい使用方法が分からず、なんとなく多用しているビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。

便利なフレーズ「~させていただく」ですが、正しくは「第三者の許可を受けた結果、自分が恩恵を受けたとき」に用いられる言葉です。相手からの許可が必要ない場合や、自身が恩恵を受けていない場合には必要のない言葉なのです。

<使用例>
(誤)メールをお送りさせていただきます
(正)メールをお送りいたします
→メール送信には許可はいらず、恩恵も受けていない

(誤)支店長代理を預からせていただいております、田中です。
(正)支店長代理を預かっております、田中と申します。
→自身の役職を伝えるだけなので、「~させていただく」は不要

「~させていただく」を使用する場合のルール
  • 第三者の許可や承諾を受けている事柄
  • 自分が恩恵を受けている事柄

 

間違いやすいビジネス敬語9.「おわかりいただけたでしょうか」

相手の理解度や納得具合を知りたい場合に、「おわかりいただけましたか」「おわかりいただけただでしょうか」と聞くのは厳禁。クライアントや目上の人に使った場合には、非常に失礼な印象を持たれてしまいます。

「~~についてご理解いただけたでしょうか」「ご不明点はございませんか」を用いるのが賢明です。

 

間違いやすいビジネス敬語10.「~になります」

「お返しは30円になります」「こちら、ご注文のカフェラテになります」といったように、「~になります」は接客時をはじめさまざまなシーンで多用されている言葉。「~なります」は、状態変化が生じたとき・時期(時間)に達したとき・相当するものを指すとき・意外性のあるものを指すときなどに使用されています。

なお「~なります」は、「~でございます」「~です」に代替できます。

<使用例>
(誤)こちらがご注文の品です
→意外性や状態変化が生じていないので誤り

(正)もう少しで開始時刻になります
→予定する時間に達しているので正しい

本記事でご紹介したように、いつも何気なく使っている敬語のなかにも間違いやすい言葉は多いもの。最後に、下記の理解度チェッククイズで本記事の復習をしてみましょう。

【理解度チェッククイズ 正 or 誤】
問題1.この説明でおわかりいただけたでしょうか。
   →誤り。正しくは「ご理解いただけたでしょうか」

問題2.本日配送と承っていたのですが…
   →正しい。聞いていた、伝え聞いていた旨を丁寧に表現している

問題3.お伝えできておらず、大変申し訳ございませんでした
   →正しい。「すみません」ではなく、「申し訳ございません」「お詫び申し上げます」を使用する

 

失礼な発言をしないように、正しい敬語を身に着けよう

本記事のまとめ
  • 「なるほどですね」「すみません」はビジネスシーンでは不適切
  • 「わかりました」は、「承知しました」「かしこまりました」に言い換えよう
  • 「~させていただく」は、相手の許可をとった行動によって、自身が恩恵を受けたときに使用できる

自分では正しいと思っていても、実は誤った言葉の使い方をしていることは多いもの……。知らぬ間にビジネスマナー違反をしてしまい、相手に不快感を与えてしまう可能性もあるのです。

正しい言葉遣いは、できるビジネスパーソンに近づくための必須スキル。あいまいなまま使用せず、正しい意味や使い方を事前に調べたうえで用いるよう心がけましょう。


hatenaはてブ


この記事の関連キーワード