HOMEビジネス 取引先の営業マンが挨拶に来た後に送るべきお礼メールのコツ

取引先の営業マンが挨拶に来た後に送るべきお礼メールのコツ

Kazuhiko Tanabe

2014/01/19(最終更新日:2014/01/19)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011816117329.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" 機材や何かしらの商品を購入した際には必ず営業マンの方々が御挨拶に来られると思います。例えば営業マンが入れた機材のチェックやその機材に問題は無いのかと言う確認、また新商品ができましたと言って紹介してくれたりと様々なアクションを取るのではないでしょうか。そういったときに営業マンに何かしらお礼を言う必要があります。今回はそのお礼メールのコツについて書いていきたいと思います。u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"営業マンが去った後すぐにお礼メールを送信するu003Cbr/u003E","type":"text_header_1"},{"post":" 皆さんは取引先の営業マンの人にどのくらいの時間をかけてお礼のメールを送っているでしょうか。時間を見つけて送信すれば良い、またはそんなメールなんて送信しなくてもいいのではと考える人もいますが、それはあまりよくありません。ではなぜ、早めにメールを送信することにメリットがあるのか。それは、貴方をこれだけ大事にしていますと言った想いがu003Cbu003E営業のことが頭に残っている間にu003C/bu003Eメールによって伝わるからです。u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"時には有益な情報を流すのも良い方法u003Cbr/u003E","type":"text_header_1"},{"post":" 営業マンには細かいサービスを提供してくれる人もいます。例えば、特に用もないにも関わらず営業マンは挨拶周りで立ち寄っていただき、機材を磨いてくれたり、機材が正しく動作しているかチェックしていただけることもあります。そこまで心配りをしている営業マンには時には有益な情報を流すのも良いと思います。例えばあなたが社長と親しい、もしくは機材の決定権を持っていれば、今後はこのような機材の導入を検討しているためこの機材の資料は無いのか、もしくはこう言うことで社長が困っていると嘆いていたため何か解決方法は無いかといったような内容をお礼のメールの中に少し入れておくだけでも違います。u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" ただし、すぐに呼び出すようなことはしないようにしましょう。営業マンはあなたが勤めている会社の他にも多数のお客様も持っています。そのため緊急でもない限りは挨拶に来た時でも結構ですのでお願いしますといっtように付け加えてメールを送信するようにしましょう。u003Cbr/u003E","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード