HOMEビジネス いつもプレゼン準備がぎりぎりになる人のための段取りの方法

いつもプレゼン準備がぎりぎりになる人のための段取りの方法

野口直希

2014/01/19(最終更新日:2014/01/19)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image dropped content big"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011816019894.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E いつもぎりぎりまでプレゼンの準備ができない人はいないでしょうか?それは準備の段取りがうまくできていない可能性が高いです。準備のそれぞれの段階に期限を設ければ焦ることなく確実に準備ができます。プレゼン準備は3つの段階に分けて考えるとよいでしょう。u003C/spanu003E","type":"text"},{"post":"1、分析 -主張の決定","type":"text_header_1"},{"post":" まずはそのプレゼンで何を主張するのかを決定します。あなたに求められていることやオーディエンスの性格から、どんな主張をするべきかを考えましょう。主張の裏付けになる資料の収集もこの段階でほとんどやっておきます。いい主張が決まらないこともあるので、この段階は期限を眺めに儲けましょう。それでも、締切には必ず主張を決定するようにしてください。","type":"text"},{"post":"2、組み立て -資料の作成","type":"text_header_1"},{"post":" 主張が決まったらそれを説明するための資料を作ります。作っていて資料が不足していることに気づいたら、適宜新しい資料を探してください。この段階を短時間で終わらせるためには、分析の段階である程度の算段をつけておく必要があります。","type":"text"},{"post":"3、発表練習 -言い回し、話し方の研究","type":"text_header_1"},{"post":" 資料が完成したら最後は発表練習です。オーディエンスに上手く伝わる話し方の研究や、資料の微調整をしましょう。発表練習なんてしなくてもいいと思っている人もいるかもしれませんがそれは間違いです。オーディエンスや会場を研究して、今回のプレゼンに見合った発表の仕方を工夫しましょう。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" いかがでしょうか?どの段階でも、不測の事態を考慮して締め切りは少し長めにとっておきましょう。人にもよりますが、一番時間をかけるべき段階はい、分析です。ここで全体像をしっかりイメージできれば以降の段階もかなり楽になります。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード