HOMEビジネス スーツの下にカーディガンを着る時のマナー

スーツの下にカーディガンを着る時のマナー

椿龍之介

2014/01/19(最終更新日:2014/01/19)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011815391597.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" 寒い季節、スーツだけでは寒いとお思いの方も多いのではないでしょうか。最近ではウォームビズの取り組みもあり、カーディガンをスーツの下に着ることもあると思います。ここでは、スーツの下にカーディガンを着るときのマナーを紹介したいと思います。","type":"text"},{"post":"ウォームビズにおけるカーディガンの着こなし方","type":"text_header_1"},{"post":" ウォームビズにおけるカーディガンの着こなし方のマナーとしては、無地のVネックのカーディガンを着るというものがあります。また、色も、茶色や黒などの地味な色を選択したほうがいいでしょう。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" ウォームビズがビジネスマナーとして許されるのは得意先や、頻繁に会う他社の方などとの会談までのようです。このような場合でも、ウォームビズに対しての了解を取ったほうがいいでしょう。","type":"text"},{"post":"カーディガンを来てはいけないシチュエーション","type":"text_header_1"},{"post":" スーツの下にカーディガンを着るのは、スーツの形を崩してしまい格好悪く見えることなどから、本来のビジネスマナーでは許されてはいません。始めて訪れる営業先や、大切な顧客、目上の人に会う場合は、カーディガンを着ないようにしましょう。寒いと感じる場合は、肌着や靴下で調整するか、スリーピースのジレを着るとオフィシャルな場所でもいいそうです。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" ここでは、スーツの下にカーディガンを着るときのマナーについて紹介しました。オフィシャルな場、大事にしたい場ではカーディガンを着ないのがマナーのようです。寒い季節のビジネスマンはここで紹介したマナーを守るよう心がけましょう。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード