HOMEビジネス プレゼン後の質問対策!質疑応答にはどう準備すればいい?

プレゼン後の質問対策!質疑応答にはどう準備すればいい?

野口直希

2014/01/19(最終更新日:2014/01/19)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image dropped content big"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011811525918.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E プレゼンで怖いのが最後に行われる質疑応答です。プレゼンが上手に行えても質疑応答に失敗して大きくイメージダウンすることもあり得ます。プレゼン後の質問にはどのように対策すればいいでしょうか?u003C/spanu003Eu003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"どんな質問をされるか観客目線で考える","type":"text_header_1"},{"post":" まず絶対にやっておきたいのがどんな質問をされるのか予想することです。スライドを見直して論理に抜けはないか、説明が足りない部分はないかをチェックしてみましょう。チェックの時には観客の目線を想定すると有効です。初めてあなたのプレゼンを見せられた時にどんな疑問点を持つかを考えてみるとよいでしょう。","type":"text"},{"post":"予め穴を用意する","type":"text_header_1"},{"post":" ちょっとした応用テクニックです。プレゼンの中に予め「穴」を作っておいてそこに質問が来るようにしましょう。明らかな疑問点が一つあれば、他の部分には目が届きにくくなります。もちろん、その質問に対する準備は万全にしておきましょう。質問に上手く答えられればさらにあなたの評価は上がります。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" ただ上手く発表するだけがプレゼンではありません。観客の疑問点を予測し、それに上手く答えるところまでがプレゼンターの仕事なのです。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード