HOMEビジネス プレゼン資料の配布するベストタイミングとは?

プレゼン資料の配布するベストタイミングとは?

Daiki Kojima

2014/01/18(最終更新日:2014/01/18)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011615214518.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" プレゼンで視覚資料の補助として資料を配布する機会があると思いますが、その資料を配布するタイミングとして最適なのはいつなのでしょうか。目的によっても変わってくるのでタイミングごとに見ていきましょう。u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"プレゼンを始める前に配布","type":"text_header_1"},{"post":" 最も一般的な方法です。聞き手は、事前に資料に目を通すことが出来るので、ある程度理解を深められます。しかし、開始直前に配布すると、聞き手は話を聞く事よりも資料に集中してしまい注意力が散漫になり逆効果です。","type":"text"},{"post":"プレゼンの途中に配布","type":"text_header_1"},{"post":" 大きな山場などに視覚資料の補助として、プレゼンの最中に配布する方法です。この場合タイミングが非常に大切です。聞き手の気が散らないように手際よく素早く配りましょう。配布者の充分な配慮が必要です。","type":"text"},{"post":"プレゼンの最後に配布","type":"text_header_1"},{"post":" 熱心な聞き手は、話の最中に一生懸命ノートやメモをとりたがります。そこで重要な事柄は、後で配布する旨を伝えておきます。こうすれば、聞き手は安心して聞く事ができ、プレゼンに集中してくれます。 ","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" プレゼンによって配るタイミングは違います。ノートを取らせるようなプレゼンの場合は、最後に配るなどケースに応じて自分で工夫してみるとプレゼンも資料も伝えたいことが伝わるはずです。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード