HOMEビジネス プレゼン資料で最後のスライドを効果的に見せる方法

プレゼン資料で最後のスライドを効果的に見せる方法

Daiki Kojima

2014/01/18(最終更新日:2014/01/18)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011615052466.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" プレゼンの最後というのは非常に大事な場面です。最後が上手くいかないとそれまで伝えて来たことが意味のないことになってしまいます。しっかり終えるためにも最後のスライドに入れるべきことを紹介します。u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Ch2u003E全体のまとめu003C/h2u003Eu003Cdivu003E 一番定番な方法です。自分が伝えてきた情報を最後に1枚にまとめることです。そうすることで簡潔になり伝わり易くなります。伝えた内容を100%覚えているという人は、なかなかいないので最後に分かり易く伝えるということが非常に効果的です。u003C/divu003Eu003Ch2u003E次のアクションプランを説明u003C/h2u003Eu003Cdivu003E プレゼンは、プレゼンをすること自体が目的でやる人はいないと思います。ほとんどの人が聞いている人たちにアクションしてもらいたいと思っているはずです。つまり、今後どうすれば良いかを説明するという方法です。そうすることで聞いている人たちは、イメージが湧いて一歩目を踏み出しやすくなります。u003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003E どのプレゼンにも同じ終わり方をする必要はありません。そのプレゼンにあった終わり方を考えましょう。少し長いプレゼンならまとめる。出来るだけ多くの人に動いてもらいたいのであればアクションプランを説明する。などプレゼンに合った終わり方を模索してみましょう。u003C/divu003E","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード