HOMEビジネス プレゼンで最適な資料の枚数とは?

プレゼンで最適な資料の枚数とは?

Daiki Kojima

2014/01/18(最終更新日:2014/01/18)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011613144417.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" プレゼンで必ず資料を作りますが、何枚が良いのかなど考えたことはあるでしょうか。少なすぎてプレゼンの時間が余りすぎてしまうのも、多すぎて飽きられてしまうのもどちらも良くありません。制限時間から枚数を決めていきましょう。u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdivu003Eu003Ch2u003E全体の時間から逆算して枚数を決めるu003C/h2u003Eu003Ch3u003E1枚30秒u003Cbr/u003Eu003C/h3u003Eu003Cdivu003E 全体の流れを示すフローチャートなどで説明をあまりしない場合や概観図。あまり見せると細部に気を取られる人が出る場合など。u003C/divu003Eu003Ch3u003Eu003C/h3u003Eu003Ch3u003E1枚1分u003C/h3u003Eu003Cdivu003E 通常の主体となる箇条書きなど。フローチャートである程度説明をする場合。nu003C/divu003Eu003Ch3u003E1枚3分〜4分u003C/h3u003Eu003Cdivu003E そのページをある程度説明する必要があり、ノートやメモを取ってもらう必要がある場合。u003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003E 例えば60分のプレゼンで聴衆にある程度考えてもらったり、メモを取ってもらうとすると1枚あたり3~4分かかります。つまり資料の枚数としてはu003Cbu003E15枚〜20枚u003C/bu003Eという風になります。u003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003E もちろん全てのスライドが同じ時間にする必要はありませんが、自分がプレゼンで何を目指すのかによって枚数は変わってきます。時間から逆算して資料の枚数を決めていきましょう。u003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード