HOMEビジネス プレゼン本番で緊張しないために前日にすべきこととは?

プレゼン本番で緊張しないために前日にすべきこととは?

Daiki Kojima

2014/01/18(最終更新日:2014/01/18)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011611147714.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" プレゼンが上手い人は、前日にきちんと準備をしています。準備をせずプレゼンが上手くいくなんてことはほとんどありません。準備不足だと感じるとより緊張感が増してしまいます。そうならないために前日にすべきことを紹介していきます。u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Ch2u003E鏡や人形の前でイメージトレーニングu003C/h2u003Eu003Cdivu003E プレゼンで緊張してしまう理由の一つとして、「大勢の人が見ている」というものがあります。誰しも人前に出たり、大勢の人から注目を浴びれば緊張してしまうものです。そこで鏡や人形の前でプレゼンを行いましょう。練習で大勢の人を呼ぶのは難しいですが、人形などであればすぐ実践できると思います。こうすることで見られているというイメージがつきやすくなり本番でも活かされます。u003C/divu003Eu003Ch2u003E時間を測りながら立って練習u003C/h2u003Eu003Cdivu003E 本番では、制限時間などがあると思います。前日の練習は、リハーサルだと思って本番同様の形で練習しましょう。大きな会場を使うことは出来なくても、家の中で時間を測ることや立つことは出来ると思います。本番で自分がしようと思っていることをイメージして練習に取り組みましょう。u003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003E 前日に準備をするかしないかで心の持ちようが大きく変わってきます。プレゼンを成功させるためにも前日に本番をイメージした練習をする必要があります。u003C/divu003E","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード