HOMEビジネス 相手を惹き付ける効果的なプレゼン資料の作り方

相手を惹き付ける効果的なプレゼン資料の作り方

Daiki Kojima

2014/01/18(最終更新日:2014/01/18)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011517599896.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" プレゼンは、話すだけでなくパワーポイントなどを利用してスライドを作ります。もちろん聴衆は、そのスライドにも目を向けています。話の内容がどんなに良くてもスライドが見づらかったりするとそれだけで内容が入ってこない場合があります。スライドからも印象を良くするために使える資料を紹介します。u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdivu003Eu003Ch2u003Eホワイトスペースを有効活用u003C/h2u003Eu003Cdivu003E 画像やイラストを一枚のスライドに何枚も入れる人がいますが、それでは大事な情報を伝えることが出来ません。出来るだけ画像やイラストは最低限に抑え、ホワイトスペースつまり、空白部分を作りましょう。その空白部分に伝えたい情報を入れましょう。画像やイラストだけでなく、ホワイトスペースも大事なオブジェクトの一つです。u003C/divu003Eu003Ch2u003Eグラフや表を利用するu003C/h2u003Eu003Cdivu003E データや数値を見せるとき、グラフや表を利用することは非常に効果的です。しかし、使い方を間違えてしまうと全く効果のないものとなってしまうので意識してみましょう。u003C/divu003Eu003Ch3u003E余計な情報を入れないu003C/h3u003Eu003Cdivu003E 50年、100年分の情報をわざわざ入れる必要はありません。余計な情報はなるべく無くしましょう。u003C/divu003Eu003Ch3u003E強調したい情報の色を変えるu003C/h3u003Eu003Cdivu003E 目立たせたい数値や情報の部分を赤やオレンジなどの色に変更すると聴衆も理解しやすくなります。u003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003E プレゼンの目的は、伝わることなのでそこを忘れずに作りましょう。聴衆のことを考えるだけで印象も変わり、大事なポイントをきちんと理解させることが出来るでしょう。u003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード