HOMEビジネス 会社内の内線をかける際に気を付けたいマナー

会社内の内線をかける際に気を付けたいマナー

椿龍之介

2014/01/18(最終更新日:2014/01/18)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011517062654.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":"会話を始める前に「お疲れ様です」と挨拶をする","type":"text_header_1"},{"post":" 内線をかけるときはまず、通話相手に向かって会話を始める前に「お疲れ様です」と挨拶をするようにし、コミュニケーションを円滑に進める工夫をしましょう。","type":"text"},{"post":"部署名と名前を名乗る","type":"text_header_1"},{"post":" 挨拶の後にしたいこととしては、部署名と自分の名前をはっきりと相手に伝えることです。部署名や名前がわからないと、用件が上手く伝わらない原因になります。","type":"text"},{"post":"用件を伝え、取り次ぎを依頼する","type":"text_header_1"},{"post":" 挨拶をすました後は、内線に出た人に用件を短く伝え、取り次いでもらうように依頼します。なるべく伝えやすい内容にまとめてあげると、取り次ぎもスムーズに行ってもらえるのではないでしょうか。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" ここでは、会社で内線をかける際に気を付けたいマナーについて紹介しました。内線でもしっかりとマナーを守る必要があるということがおわかりいただけたでしょうか。マナーを守って部署同士の連絡を円滑に進めてください。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード