HOMEビジネス プレゼンを成功させるための練習の回数とは?

プレゼンを成功させるための練習の回数とは?

Daiki Kojima

2014/01/16(最終更新日:2014/01/16)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011511349305.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" 練習なしで本番でいきなりプレゼンをすると誰でも緊張してしまいます。しかし、何回か練習したもののそれでも緊張してしまうものです。プレゼンが上手いと言われている人たちやプレゼンを成功させている人たちは、何回練習をしているのでしょうか。u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Ch2u003E最低10回の練習u003C/h2u003Eu003Cdivu003E 1回や2回で本番が上手くいく人はいません。もちろん人によって最適な回数はありますが、最低でも10回行えば本番でも練習と同じように話すことができるでしょう。何度も練習していれば、本番で原稿を読みながらプレゼンをするということも起きません。さらに、もし予想外のハプニングが起きた場合でも何度も練習していれば、柔軟に対応することが出来ます。練習が少ないとその場で言葉を考えたりと余計に神経を使ってしまい、結局緊張を抑えられず失敗してしまうというケースがよくあります。u003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003E 例をあげるとスティーブジョブズは、プレゼンの何週間も前から準備を始め、5分のプレゼンに対して数百時間を費やしたと言われています。そして本番と同じような構成でリハーサルを2回行っていたそうです。u003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003E もちろんスティーブジョブズほど数百時間練習に時間を取る必要はありませんが、本番を意識した練習を行うことは非常に重要です。最低10回練習を行えばそれでも足りないと感じたり、5回で十分だと感じたりします。その後のプレゼンが上手くいくためにも何度も練習して自分に合った回数を見つけると良いプレゼンが出来るようになります。u003C/divu003E","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード