HOMEビジネス プレゼンでインパクトのあるスライドに仕上げる3つのポイント

プレゼンでインパクトのあるスライドに仕上げる3つのポイント

Junko Anma

2014/01/15(最終更新日:2014/01/15)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"","type":"m-google m-image"},{"post":" プレゼンでは相手に自分の伝えたいことをどれだけ伝えるかが重要になります。今回はインパクトのあるプレゼンにするためのスライドの作り方をご紹介します。u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"①1枚の写真で視覚的に伝える","type":"text_header_1"},{"post":" 1枚のスライドに1枚の写真を使うことで、聴衆に視覚的に情報を伝えることができます。記憶にも残りやすいので、特に強調したいことに関しては、写真で表せるようであれば使うようにしましょう。","type":"text"},{"post":"②言いたいことは1つ","type":"text_header_1"},{"post":" 1枚のスライドに言いたいことは1つに絞りましょう。あまりにゴチャゴチャしてしまうと、それぞれの内容が薄くなりインパクトが弱くなってしまいます。数字などを使う時も、強調したいところ意外の数字はあえて隠すなどすることで、より相手にその数字が残ります。","type":"text"},{"post":"③3色以内に収める","type":"text_header_1"},{"post":" カラフルな方が印象に残りやすいと思いがちですが、1つのスライドにあまりに色があるとそのことに意識がいってしまい内容に集中できなくなってしまいます。きちんと内容を理解してもらうためにも、1つのスライドで使うのは3色以内と決めておくといいと思います。また、それぞれの色がどのような意味を持っているのかで区別して使うと、より相手に伝わりやすくなります。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" 自分の伝えたい内容をよりインパクトを持って伝えるには、スライドの効果的な使い方が有効です。ぜひ参考にしてみてください。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード