HOMEビジネス 営業でタブレットを使用して得られる効果とは?

営業でタブレットを使用して得られる効果とは?

野口直希

2014/01/15(最終更新日:2014/01/15)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image dropped content big"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011317167641.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E ここ2、3年で急速に普及してきたタブレット端末。最近勝ったという人も多いでしょう。しかし、これがビジネスに利用されているかというと話は別。タブレットはあくまでプライベート用にとどまっているのが実情です。しかし、実はタブレットは営業職と非常に相性がいいです。営業マンがタブレット端末を使うことで得られるメリットとは何でしょうか?u003C/spanu003E","type":"text"},{"post":"手元で自在に資料を披露できる","type":"text_header_1"},{"post":" 営業先に訪問した時に、一台のノートパソコンを2人で見るのはとても不格好です。特に飛び込み営業の場合は玄関口で話をすることになり、なかなかPCは使えません。そこで役に立つのがタブレット。インパクトがあって見やすい資料を手元で複数人で閲覧可能なのがタブレットの強みです。また、お客様が気になるところがあれば、お客様自身が画面に触れてズームやバックをすることができます。","type":"text"},{"post":"すぐに修正可能","type":"text_header_1"},{"post":" 移動中でも手軽に操作できるのもタブレットのメリットです。前の訪問先で「あの資料ちょっと見づらかったな……」と思ったら、次の訪問先につく前に修正ができます。欠点に気づいてすぐに改善できるというのは、効率化の面で大きな価値があります。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" いかがでしょうか?最近ではタブレット用のツールも充実しています。新しい刺激がほしい営業職の方は、一度タブレットの導入を検討してはいかがでしょうか。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード