HOMEビジネス 上司との会話で注意したい敬語の使い方

上司との会話で注意したい敬語の使い方

椿龍之介

2014/01/15(最終更新日:2014/01/15)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011316534738.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" 上司に対して正しい敬語の使い方ができることは、仕事をしていく中で必須のスキルと言えるでしょう。正しい敬語が使えないと、コミュニケーションで問題が生じてしまうことにもなりかねませんので、上司には正しい敬語を使う必要があります。ここでは、上司との会話で気を付けたい敬語の使い方について紹介したいと思います。","type":"text"},{"post":"自分と上司の立場を考えた敬語の使い方を心がける","type":"text_header_1"},{"post":" まず、自分と上司の立場を考えて敬語を使うということが必要です。上司は自分より上の立場であるので、尊敬語を使い、自分がする行動は、へりくだる表現である謙譲語を使うようにしましょう。","type":"text"},{"post":"役職が上の人には常に敬意を払う","type":"text_header_1"},{"post":" 上司との会話の中では、自分より役職が上の人には常に敬意を払う表現を使いましょう。例えば、部長との会話内容では、課長が出てきた場合でも尊敬語を使うのが正しい敬語の使い方となっています。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" ここでは、上司との会話中での正しい敬語の使い方について紹介しました。自分がへりくだり、上司の立場を上にする敬語の使い方を心がけて話すことが求められます。上司との会話での敬語の使い方に困ったという方は意識してみると良いのではないでしょうか。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード