HOMEビジネス 上司とのコミュニケーション不足を解消するためにできる3つのこと

上司とのコミュニケーション不足を解消するためにできる3つのこと

Junko Anma

2014/01/15(最終更新日:2014/01/15)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"","type":"m-google m-image"},{"post":" 上司とのコミュニケーションは仕事を円滑に進めていく上で大切です。今回は、上司とのコミュニケーションが不足していると感じている時にやってみてもらいたいことをまとめました。u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"1. きちんと顔を見て挨拶する","type":"text_header_1"},{"post":" どんなに忙しくても一度は上司に声をかけるようにしたいもの。そんな時に役に立つのが挨拶です。挨拶はコミュニケーションの始まり。きちんと顔を見て挨拶することを習慣にするだけで、その後会話につながることもあります。たまたますれ違った時に挨拶するというだけではなく、朝出社したら自分から声をかけにいく習慣をつけましょう。","type":"text"},{"post":"2. 分からないことはすぐに質問する","type":"text_header_1"},{"post":" 分からないと思ったらすぐに上司に質問に行くことを心がけましょう。雑談では何を話せばいいのか分からないと言う人も、話すことが決まっていればコミュニケーションえおとるのもそれほど大きなハードルではないと思います。","type":"text"},{"post":"3. 上司とのメールは最低限にする","type":"text_header_1"},{"post":" 今はすべてメールで簡単にやり取りができるようになりました。同じ社内にいてもメールで連絡をとるという人もいるでしょう。確かに効率化という面から見ればいいのかもしれませんが、コミュニケーションを活発にしたいと思ったらやはり顔を見て話すことが必要です。どうしてもという場合を除いて、なるべくメールを使わず顔を見て話すようにしてみてはいかがでしょうか。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" 上司とのコミュニケーションが活発になればオフィスにいることもつらくなくなります。仕事のモチベーションをあげるためにも、ぜひ自分から上司に積極的にアプローチしてみてください。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード