HOMEビジネス 上司が管理できる部下の限界の人数から学ぶ、組織の作り方

上司が管理できる部下の限界の人数から学ぶ、組織の作り方

椿龍之介

2014/01/15(最終更新日:2014/01/15)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011314526234.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" 組織を作る立場の方は、1人の上司に対してどれぐらいの部下を管理させるのか人数がわからないという場合があるでしょう。管理が行き届くような部下の人数は、ある程度決まっているようです。ここでは、上司が管理できる部下の人数について示し、そこからわかる組織の作り方を紹介したいと思います。","type":"text"},{"post":"上司1人が管理できる部下の限界の人数","type":"text_header_1"},{"post":" 上司1人が管理することが出来る部下の限界人数は7人から8人といったところではないでしょうか。それ以上数が多いと、現在どのような仕事を部下が行っているかの把握が難しくなり、業務のフォローや育成もままならなくなっってしまうでしょう。","type":"text"},{"post":"限界から考えたいプロジェクトや役割の人数","type":"text_header_1"},{"post":" 部下を管理する限界の人数からわかることは、組織の人数があまりに多いと、育成や指導が上手く行かなくなってしまう恐れがあるということです。組織を作る立場の人は、この人数を考慮してプロジェクトや部署を決めることが重要になります。人数がどうしてもそれ以上になってしまうという場合は、仕事内容を見直し、上司の負担を減らすことが必要になるでしょう。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" ここでは、上司1人が管理できると思われる部下の限界の人数から、組織の作り方について考えていきました。育成やフォローを考えて組織を作るという場合は適切な人数で組織を作ることが必要になるということがわかります。組織を作る立場の人は参考にしてみてください。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" ","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード