HOMEビジネス 上司との会話で緊張しないためのたった2つの方法

上司との会話で緊張しないためのたった2つの方法

Daiki Kojima

2014/01/14(最終更新日:2014/01/14)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011310524908.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none; "u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" 上司と一緒にいる時緊張していまう人が多くいると思います。友達同士であれば自分の素を出せますが、上司だとどうしても嫌われないようにであったり、怒られないようにとどうしても気を使ってしまいます。上司と上手く会話をしていいる人たちはどのようなことを実践しているのでしょうか。","type":"text"},{"post":"u003Ch2u003E「怖い上司」ではなく「普通のおじさん」だと考えるu003C/h2u003Eu003Cdivu003E 初めから怖いというイメージがあっては自然に話すことが出来ません。自分の上司とはいえ、他の人から見たら普通のおじさんです。怖いという先入観を持っているままだと相手から話しかけられた時も上手く話せません。上司もあなたのことを知りたいと思っているので身近な人に話かけるというイメージを持って話しかけると上手くいきます。u003C/divu003Eu003Ch2u003E話しかける前に会話のイメトレをするu003C/h2u003Eu003Cdivu003E 何も考えず話かけてしまうと話がすぐ終わってしまいます。なのであらかじめ質問している自分をイメージして上司の返答に対する準備をしましょう。そうすれば会話が一往復で終わらず、一つの話題で自然と会話をすることが出来ます。なので話しかける前に少しイメージトレーニングをして会話の準備をしておきましょう。u003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003Eu003Cbr/u003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003E いつも話すたびに緊張してしまう人は、一度見方を変えてこのようなことを実践してみてはいかがでしょうか。そうすれば上司のことも知ることが出来、話題が豊富になっていきます。u003C/divu003E","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード