HOMEビジネス 部下のミスに対する正しい責任のとり方

部下のミスに対する正しい責任のとり方

椿龍之介

2014/01/14(最終更新日:2014/01/14)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011218172410.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" 上司の仕事において、部下のミスに対してどう責任を取るのかという部分が重要になります。部下がミスしてしまった時にどういう対応を取るのかで、部下の信頼や、会社全体の信頼も変わってくるのではないでしょうか。ここでは、部下のミスに対しての責任のとり方について説明したいと思います。","type":"text"},{"post":"部下と一緒に謝ることで責任を取る","type":"text_header_1"},{"post":" 部下のミスが他人に迷惑をかけるようなものであった場合、部下のミスだからといって責任をすべて押し付けてはいけません。部下だけでなく監督責任がある上司にも責任の一部はあるでしょう。部下のミスに対して一緒に謝ることが上司の責任ではないでしょうか。u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"部下のミスをフォローする","type":"text_header_1"},{"post":" 責任のとり方としては、部下のしてしまったミスのフォローをするということも挙げられます。フォローすることで失ってしまった関係や支障の出た仕事を元に戻すことで、ミスを帳消しにしてあげましょう。こうした責任のとり方は、部下の信頼も集めることができるという効果があります。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" ここでは、部下のミスに対して、どのように責任をとるのかを説明していきました。部下がミスしても責任は自分にないと主張するのではなく、自分にも監督責任があるという意識が大切です。ここで紹介した方法で、部下のミスを優しくカバーしてあげてください。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード