HOMEビジネス 数字に責任を持つために、営業マンが工夫すべきポイント

数字に責任を持つために、営業マンが工夫すべきポイント

Ryu

2014/01/14(最終更新日:2014/01/14)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cdiv class="media image dropped content big"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011213519131.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E 営業マンが仕事をする時に、一番大変なのが数字を管理するということですね。営業マンは常に数字との戦いと良く言われますが、それだけ大変な仕事なのです。u003C/spanu003Eu003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003Eu003Cbr/u003Eu003C/spanu003E","type":"text"},{"post":" 営業成績を維持し改善していくために、営業マンがするべき工夫ポイントをご紹介します。","type":"text"},{"post":"成果にとことんこだわる","type":"text_header_1"},{"post":" 生半可な気持ちで取り組んでいては、一流の営業マンはなれません。数字を追い続けるために、営業マンは常に成績にこだわる必要があります。そのために、いまやるべきことを逆算して計画を立てていくことが大切です。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" 自分なりにPDCAサイクルを作り、それを出来るだけはやい速度で回していくことが、成果にこだわり数字を追求するために最も必要なことです。失敗して落ち込んでいる時間はありません。そこから得たものをすぐ反省し、次に生かしていかなければいけないのです。","type":"text"},{"post":"勝因・敗因を徹底的に分析する","type":"text_header_1"},{"post":" 営業をしている上で、無事に契約を取れることもあればダメなときもあります。しかしそこで一喜一憂しているようではいけません。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" なぜ今回の取引先からは契約がとれたのか、なぜ取れなかったのかということを出来る限り細分化して、頭の中に収めるのではなくとにかく書き出します。そうすることにより、勝因は次に活用すればよいし、敗因は改善するための努力に繋がります。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" 営業とは厳しい世界です。常に数字を残すことが要求されるその世界で、いかにそこに責任を持って取り組めるのかというところが重要です。ぜひ自分に負けることなく頑張って下さい。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード