HOMEビジネス 部下にうまく仕事を任せる効率的な方法

部下にうまく仕事を任せる効率的な方法

椿龍之介

2014/01/14(最終更新日:2014/01/14)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011213251953.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" 上司の仕事として、自分で仕事をやるだけではなく部下に仕事を任せ、成長を促すというものもあります。上司が効率よく仕事を任せることで部下は成長し、信頼してくれるでしょう。ここでは部下にうまく仕事を任せる方法を紹介していきたいと思います。","type":"text"},{"post":"指示を出すだけではなく、方法も伝えるようにする","type":"text_header_1"},{"post":" 「任せた」と指示を与えて、あとは部下にすべて丸投げしてしまうというやり方では、部下は仕事をうまく行う事ができませんし、上司の責任を果たしているとは言えません。部下に仕事を任せるときは、ただ仕事をやるように言うだけではなく、どのような手法で行えばいいのかを伝えるようにしましょう。","type":"text"},{"post":"部下の適性や伸ばしたい箇所を考えて仕事を任せる","type":"text_header_1"},{"post":" 仕事を任せる中で重要なのは、部下に仕事を与えることで成長を促すという目的があるということです。そのため、適性があり、この仕事を任せることで自信を持つだろうという場合や、部下のスキルの中で伸ばして欲しいと思うようなスキルが身につくような仕事を任せることが、効率的な仕事の任せ方と言えるでしょう。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" ここでは、部下に仕事を任せるときの効率的な方法について紹介しました。部下のサポート役としての役割を認識し、部下に仕事をうまくこなしてもらうようにする意識が重要になるでしょう。ここで、紹介した仕事の任せ方を意識して、部下に効率良く仕事を任せられるようにしましょう。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード