HOMEビジネス 営業の外回りにおすすめの昼食の取り方

営業の外回りにおすすめの昼食の取り方

野口直希

2014/01/13(最終更新日:2014/01/13)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image dropped content big"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011119316039.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E 外回りの営業職の方は、当然ランチも外でとることになります。しかし、営業と営業の間でご飯を食べなければならないので、時間は不定期だし、ゆっくりすることもできません。外回り時の昼食をスムーズにとるにはどうすればいいでしょうか?u003C/spanu003Eu003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"外回りにお勧めなのはファーストフード","type":"text_header_1"},{"post":" オフィスに閉じこもっている事務職とは違って、外回りは移動時間が長く体力も消費します。特に夏場の暑さによる疲労は油断できません。また、先ほども書いたように食事ができる時間もバラバラですし、あまり長い時間を割くこともできません。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" これらの条件を考えると、牛丼屋やファーストフードなどがちょうどよいでしょう。値段が安いため財布に響かないのもポイントです。","type":"text"},{"post":"ルート中のどこにお店があるのか予習しておこう","type":"text_header_1"},{"post":" では、スムーズに昼食をとるためにはどのような工夫が有効でしょうか?おすすめは、お気に入りのチェーン店がルートのどの位置にあるのかあらかじめ調べておくことです。外回りはどのタイミングで昼食が取れるかわかりません。なので、あらかじめいくつか昼食の候補を用意しておくことで少し時間が空いた隙に手早く食事ができるのです。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" いかがでしょうか?朝に強い人や、妻帯者の方は健康に気を使った弁当を持参するとよいかもしれません。それができな人は、ルートを把握しておいて上手に昼食をとるとよいでしょう。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード