HOMEビジネス 社員のやる気を大きく上げる営業スローガンの作り方

社員のやる気を大きく上げる営業スローガンの作り方

Shirakihara

2014/01/14(最終更新日:2014/01/14)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011119169805.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" 営業マンにとってスローガンはモチベーションを左右するといった意味でも大きな存在感を持っています。しかし、営業スローガンは一歩間違えば大きなプレッシャーにもなってしまいます。そこで、今回はやる気を上げる営業スローガンの作り方を簡単に説明していきたいと思います。","type":"text"},{"post":"売上ノルマの達成ばかりを煽らないu003Cbr/u003E","type":"text_header_1"},{"post":" ノルマを掲げることは重要ですが、そればかりに出力し過ぎているとスローガンとしては逆にやる気を削ぐ結果になってしまいかねません。仕事においてモチベーションは結果に大きく営業を与えるのでまずはそこから意識してスローガンを考えていきましょう。","type":"text"},{"post":"具体性を強くしすぎずシンプルに","type":"text_header_1"},{"post":" 具体性が強くなりすぎると現実的なことばかり思考してしまい、スローガンとしてあまり良い結果を生み出さないかもしれません。様々な状況にマッチし、言葉としてのインパクトが強い言葉こそが営業スローガンに向いているのではないでしょうか。そして、インパクトが強い言葉というのは往々にしてシンプルなものが多いです。まずは、シンプルに、短距離走を駆け抜けるような感覚で言葉を選択してみてください。それらを組み合わせると営業スローガンとして適切なものが仕上がるのではないでしょうか。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード