HOMEビジネス ビジネスシーンにおける出欠の返信で絶対に守っておきたいマナー

ビジネスシーンにおける出欠の返信で絶対に守っておきたいマナー

Shirakihara

2014/01/13(最終更新日:2014/01/13)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image dropped content mid"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011118123514.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" 出欠の返信のマナーはややこしい部分が多く、間違えてしまう人も多いと思います。しかし、ビジネスシーンでは欠かせない部分なので是非マナーを学んでおきましょう。","type":"text"},{"post":"多忙は欠席の理由にしてはいけない","type":"text_header_1"},{"post":" 忙しいことを理由にするのはマナー違反です。その理由は、呼ばれた会合より重要な用事がある、といったようなニュアンスになってしまい、失礼に当たるからです。一見妥当な返信であるような気がしますがマナーとしては間違っているので覚えておきましょう。","type":"text"},{"post":"招待状で届いたものにははがきで返信を","type":"text_header_1"},{"post":" メールや電話などで返信をしていいのはメールや電話で誘いがきたときだけです。丁寧な招待状が届いた場合はそれに対してきっちりとはがきで返信しましょう。","type":"text"},{"post":"代理出席をする場合は宛先の人物がそれを明記する","type":"text_header_1"},{"post":" 代理出席を申し出る際に、その代理人が返信をすることはマナー違反です。A宛にきたらAが返信する、ということを忘れないようにしましょう。その際には代理出席する人の名前を明記しておくことも必要事項です。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード