HOMEビジネス 風邪をひいたときに上司に送るべきメールの内容

風邪をひいたときに上司に送るべきメールの内容

野口直希

2014/01/13(最終更新日:2014/01/13)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image dropped content big"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011118386097.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E どうしても体調が悪くて仕事に行けないことは必ずあります。そんな時には上司に連絡を入れるべきです。基本的には電話での連絡が望ましいですが、伝達事項の量やタイミングを考えると、メールのほうが都合がよいこともあります。欠席連絡のメールには何を書けばいいでしょうか?u003C/spanu003E","type":"text"},{"post":"メールは最低でも紙業10分前に","type":"text_header_1"},{"post":" 出社できないことがわかったら、なるべく早めに連絡をするようにしましょう。最低でも始業の10分前には連絡をするようにすべきです。少しでも早い連絡は、他の人の業務をスムーズにするために不可欠です。間違ってもドタキャンだけはしないようにしましょう。","type":"text"},{"post":"必要なら仕事の依頼や伝達を","type":"text_header_1"},{"post":" メール連絡の利点は、情報量が多くても文字で連絡できるので聞き手を混乱させずに済むことです。伝えるべきことがあるのなら、なるべく簡潔に連絡しましょう。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" その日のうちにしないといけない仕事を誰かに頼んだり、あなたしか知らない情報の伝達は欠かさずに連絡しましょう。もちろん、不必要な仕事の依頼は避けるべきです。あなたがいない間に職場の人が困りそうなことがあったときに、その負担を減らすのが連絡の役目です。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" いかがでしょうか?また、次の出勤時にはかならずメールを送った上司や迷惑をかけた人にお礼を言いましょう。体調不良は誰にでもありますが、その後の対応が良ければきっと悪く思われないはずです。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード