HOMEビジネス 納得してもらえるプレゼンの資料の構成の考え方

納得してもらえるプレゼンの資料の構成の考え方

椿龍之介

2014/01/13(最終更新日:2014/01/13)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image mid dropped content"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011117544406.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" プレゼンの資料の構成をどういう風にしようか悩んでいるという方は多いのではないでしょうか。プレゼンの資料は構成をしっかりと考えることで、内容に説得力が出てきます。ここでは、プレゼンの資料の構成の考え方を紹介していきます。","type":"text"},{"post":"現状から落としこむことで共感を得る","type":"text_header_1"},{"post":" 意識したい資料の流れとしては、現状から課題を見出し、最終的に解決策を提示するという流れがオーソドックスです。この流れだと、現状を話すことで、聞いている人に実感を持たせ、共感を得ることができますし、最後に結論がくるため、話も展開しやすくなるでしょう。","type":"text"},{"post":"大きなものの見方から小さなものの見方に移行する","type":"text_header_1"},{"post":" もうひとつ意識しておきたい資料作成の流れとしては、社会一般にあるような普遍的なところから話を始め、最終的に個人的、会社的な内容に掘り下げていくというパターンです。この場合ですと、話の入り方がスムーズになります","type":"text"},{"post":"。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" ここでは、プレゼンの資料の構成の考え方について紹介してみました。流れを意識し、全体に一体感を持たせることがスムーズなプレゼンの進行や理解に関わっているようです。プレゼンの資料を作成する際にはこちらで紹介した流れを意識するようにしましょう。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード