HOMEビジネス 上司とのコミュニケーションを円滑に進めるために、自分を変える方法

上司とのコミュニケーションを円滑に進めるために、自分を変える方法

Ryu

2014/01/13(最終更新日:2014/01/13)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cdiv class="media image dropped content big"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011116452825.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" 社内で仕事をする際には、上司とのコミュニケーションが必須ですよね。しかし、部下の立場からだとなかなか上司とのコミュニケーションは取りづらいものです。  ","type":"text"},{"post":" u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" ここでは、なぜコミュニケーションが取りづらいのかという原因とその改善法を紹介していきます。","type":"text"},{"post":"なぜ上司とコミュニケーションが取れないのか","type":"text_header_1"},{"post":" どんな場面でも、コミュニケーションとは仕事を円滑に進める上で欠かせないものです。なぜ、部下は上司とのコミュニケーションを苦手としているのでしょうか。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" それは、部下が感じる上司への不満として大きく3つ「u003Cbu003E面倒くさそうに話を聞く」「途中で話を遮る」「否定的に聞いてくる」u003C/bu003Eというポイントがあるからです。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" 全ての人がそうではありませんが、多くの部下は上司に対してこう感じることが多いそうです。確かに、こんな態度をされたら話したくなくなりますよね。これらが原因となり、上手くコミュニケーションを取りにいけないのだそうです。","type":"text"},{"post":"改善するために","type":"text_header_1"},{"post":" しかし苦手だからといっていつまでも話をしないままでは、仕事にも支障をきたしてしまうことも出てくるかもしれません。相手に変わってもらうことを期待するのではなく、自分から変わるようにしましょう。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" 具体的には「話したいことは大きく分けて何点あるのか」ということと「話の核心を話すようにする」ということの2点です。はじめに「〇〇について3点話したいことがあるのですが...」と切り出せば興味を持って聞いてくれる可能性も高まりますし、核心を突く話の展開をすればはじめから否定的に聞いてくることもありません。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" 部下だから相手の接し方が変わるのを待つというのではなく、まず自分からアクションを起こして、積極的にコミュニケーションを取りに行くようにしてみましょう。少しずつ工夫して接していけば、きっと打ち解けられるようになるはずですよ。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード