HOMEビジネス 契約が取れる営業マンがやっているクロージングのコツ

契約が取れる営業マンがやっているクロージングのコツ

野口直希

2014/01/13(最終更新日:2014/01/13)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image dropped content big"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011115368847.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E u003C/spanu003Eu003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E営業の最後の要、クロージング。お客様の決定に直結する重要な段階ですが、どうすればいいかわからないという人も多いでしょう。ここではクロージングを成功させるためのコツを紹介します。u003C/spanu003E","type":"text"},{"post":"無理やり決定させない","type":"text_header_1"},{"post":" クロージングでやっていけないことは、お客様に無理やり決定させることです。十分な納得を得ずにその場でOKをもらっては後からトラブルが起こる可能性が高くなります。こちらから契約を急かしてはいけません。お客様に「自分で決定した」と思ってもらうことで満足してもらえば、今後のリピーターになってくれる確率も高くなります。","type":"text"},{"post":"お客様の不安をこちらから解消する","type":"text_header_1"},{"post":" とは言っても、完全にお客様が納得してくれるのをただ待っているわけにもいきません。そろそろクロージングの段階だな、と思ったらこちらからお客様が不安に思っている点を説明してあげればいいのです。そうすればお客様は契約に踏み切りやすくなるし、何よりあなたのことを、「自分のことを分かっている営業マン」として信頼してくれます。そのためにはクロージングまでの会話でお客様が何を考えているのかをしっかり観察していなくてはなりません。最後の最後でお客様の不安のツボをつくことで、契約に踏み切ってもらえるのです。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" いかがでしょうか?営業とはお客様との対話です。自分の言いたいことをただしゃべるのではなく、お客様の意見をくみ取ってそれにあった言葉を選ばなければなりません。これまでの対話の成果が如実に表れるのが、クロージングの瞬間なのです。","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード