HOMEビジネス 営業の仕事が楽しくなる「質問型営業」とは!?

営業の仕事が楽しくなる「質問型営業」とは!?

Shirakihara

2014/01/12(最終更新日:2014/01/12)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":"u003Cdiv class="media image dropped content mid"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011112189898.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":" 営業は「断られる怖さ」「結果が出る出ないがはっきりしている」などの理由で、あまり良いイメージがないかもしれません。しかし、営業はやり方次第で十分に楽しくなる仕事です。今回は営業方法の種類を2つ紹介して比較して書いていきます。","type":"text"},{"post":"説得型営業だから恐れが生じる","type":"text_header_1"},{"post":" 営業は断られることから始まることも多いです。そのため、自然と説得型営業になってしまいがちです。説得型営業の何が悪いのかと言えば、それはu003Cbu003E説明u003C/bu003Eとu003Cbu003Eお願いu003C/bu003Eしかすることがなくなってしまうからです。とにかくアタックのみになってしまうということですね。それでは面白くなくなってしまうというのは当然です。","type":"text"},{"post":"営業が楽しくなる「質問型営業」","type":"text_header_1"},{"post":" さて、その質問型営業とは一体どのようなものなのでしょうか。","type":"text"},{"post":"u003Cdivu003Eu003Cdiv class="quotation" contenteditable="false" id=""u003Eu003Cdiv class="quote-detail" contenteditable="false" id=""u003E「質問によってお客様の状況、気持ちを聞きながら営業する」。たったこれだけのことが、なんとも営業を簡単にしたのです。説得力や度胸なんて関係ない。いらないのです。なぜなら、質問することで、お客様が自ら購入欲求を高め、自ら購入の意志を表明し、自らその商品・サービスの良さを話してくれるからです。だから、紹介もどんどんしてくれます。そうなるためのポイントは、「質問」を中心とした営業にあります。u003C/divu003Eu003Cp class="source-text" contenteditable="false"u003E出典: u003Cspan class="source-title" contenteditable="false" id=""u003Eu003Ca alt="営業の「辛い」が「楽しい」に変わる-質問型営業方法で飛び込み営業も <b>...</b>" href="http://www.s-mbc.jp/about.php?itemid=9"u003E営業の「辛い」が「楽しい」に変わる-質問型営業方法で飛び込み営業も u003Cbu003E...u003C/bu003Eu003C/au003Eu003C/spanu003Eu003C/pu003Eu003Cdiv class="remover" contenteditable="false" style="display:block;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003Eu003C/divu003Eu003Cdivu003E これに加え、質問型営業を行えば顧客の心にずけずけと踏み込むような形にはならず、友好的に話を進めることができます。要は、気持ちを推し量りながら営業ができるということです。これを上手く活用できるようになれば営業が楽しくなること間違いなしです。u003C/divu003E","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード