HOMEビジネス 営業のテレアポが成功するためのコツ

営業のテレアポが成功するためのコツ

Tobayashi

2014/01/19(最終更新日:2014/01/19)


このエントリーをはてなブックマークに追加

[{"post":"u003Cdiv class="media image dropped content big"u003Eu003Cdivu003Eu003Cimg src="http://u-note.me/img/post/2014011111412448.jpg"/u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="big-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="mid-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="sml-button" contenteditable="false" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003Cdiv class="remover" style="display: none;"u003Eu003C/divu003Eu003C/divu003E","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" この入口にあたるアポ取りができないと当然次につながってこないわけです。逆に言えば、コツをつかんで、このアポ取りをとりやすくなれば見込み客が増えるわけですから、当然売り上げの増加にもつながるわけです。nntttttttnttttttt","type":"text"},{"post":"テレアポのメリットu003Cbr/u003E","type":"text_header_1"},{"post":" こうしたアポ取りの方法やいろいろあるでしょう。メールでの営業の場合もあるでしょうし、飛び込みで個人宅や企業をまわる方法もあると思います。そうした数ある手法の中でテレアポあるいはテレマーケティングという手法もまだ根強く行われています。","type":"text"},{"post":"u003Cbr/u003E","type":"text"},{"post":" それぞれの手法にはメリットがありますが、テレアポあるいはテレマーケティングという手法には、電話をかけた相手に直接語りかけられること、そして居ながらにして極端に言えば日本全国の相手先に電話をかけられるというメリットがあります。","type":"text"},{"post":"営業のテレアポでアポをとりやすくするコツu003Cbr/u003E","type":"text_header_1"},{"post":" そこで、営業のテレアポでアポをとりやすくするコツとはなんでしょうか。新卒の方などは「いままで電話なんて知り合いと友達にしかかけたことないよ」「電話はなんか苦手」などと思っている人も多いかも知れません。ですが、営業におけるテレアポもコツをつかめば全く怖いものではありません。u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003Eそれどころか、訪問先を獲得する非常に強力な武器ともなり得るのです。u003C/spanu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003Eu003Cbr/u003Eu003C/spanu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E そのコツのひとつが「誠実さを出す」という事です。顧客からしたら「いきなり電話かけてきてなにが誠実さだ」と思うかも知れませんがここは大事です。きちんとした日本語を使い、かつ「恐縮ですが」「おいそがしい所すみませんが」という言葉を枕詞に置いて、態度と声の調子もそれに合わせて謙虚にすべきです。これだけで、ガチャ切りしようとする人を減らせるはずです。そしてきちんと社名と名前を名乗る事。u003C/spanu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003Eu003Cbr/u003Eu003C/spanu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E これが出来ていないテレアポというのは意外に多いです。電話を受ける側からしたら、どこの誰ともわからない人にいきなり商品やサービスの説明されてもなに言ってるんだという話になります。こうした基本を押さえた上で、相手のニーズを探りだします。u003C/spanu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003Eu003Cbr/u003Eu003C/spanu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E こちらから一方的に説明するのもいいですが、相手から聞き出す事でニーズがあれば向こうから話してくれる事も少なくありません。そしてニーズが無いと判断したら丁重に挨拶して切電して、どんどん次に行くのです。u003C/spanu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003Eu003Cbr/u003Eu003C/spanu003E","type":"text"},{"post":"u003Cspan style="font-size: 16px; letter-spacing: 0.1em;"u003E この数をこなすことも大事です。テレアポはこうした根気の占める割合も大きいと思います。u003C/spanu003Eu003Cbr/u003E","type":"text"}]

hatenaはてブ


この記事の関連キーワード